JA
JPY

Customize Your Shopping Experience!

Please select the destination country, language, and currency you prefer.

1
2
3
Available Shipping Methods
Available Payment Methods
カートに追加されました
合計:
コンボ割引:
一緒の購入で
数量:
カートを閲覧/編集 チェックアウト
カートの合計:
お客様の次のような商品も購入しています:

マレー博士は自然医学において世界の第一人者の一人と考えられています。The Encyclopedia of Natural Medicineという本を含め30冊以上の本を出版しており、世界中で何万人もの医療関係者に使用されています!
コレステロールストレス などの小冊子が全て読めます。 マレー博士のウェブサイト にアクセス

担当の医師にとって代われるものではありませんが、彼が推薦している栄養補助食品はこちらになります。

アンチエイジングとは何か?


アンチエイジング戦略の目標 - それは細胞老化の加速につながる根本的な問題はもちろん、それと同時に精神的および身体的な衰退を含む加齢に伴う健康状態の予防に取り組むことです。


老化の原因とは?


ほとんどの専門家の間で一致している意見は、老化はプログラム細胞の寿命と細胞のダメージによる結果だというものです。老化において、最新で最もその可能性が高いと考えられる理論はテロメア短縮理論です。DNA分子の端末キャップのような役割を担うテロメアは「老化時計」ともいわれています。体内の細胞が複製するたびにテロメアは短くなります。テロメアが短くなればなるほど遺伝子の発現により影響を与えます。その結果が細胞の老化です。


ダメージ理論にはフリーラジカル(遊離基)と過剰なグリコシル化(糖化)による理論が含まれます。フリーラジカルは、私たちの外部環境(日光、X線、放射能、化学物質など)、摂取する食べ物、または飲み物に由来するか、または化学反応の間に体内で産生されます。フリーラジカルによるダメージを防ぐ化合物は「抗酸化物質」またはフリーラジカルの「スカベンジャー」として知られています。


グリコシル化理論には、タンパク質が最終的に正しく機能しなくなるまで、血糖(グルコース)分子が細胞タンパク質にくっつき続けるという理論があります。過度のグリコシル化は酵素の不活性化、タンパク質の構造および調整の損傷、免疫機能障害、増加する細胞の機能不全など、多くの副作用を引き起こします。


アンチエイジングに重要な食事要因とは?


心臓血管の疾患および癌は寿命の短縮における主な原因でもあるため、これらのキラーに対する保護に関連する食事戦略はアンチエイジングにも適用します。食事に関する推奨事項は以下のとおりです:


  1. 果物や野菜を取り入れた色彩豊かな食材「レインボー」を食べましょう。果物や野菜を豊富に含む食生活は、事実上全ての慢性疾患を予防するだけでなく、老化のプロセスと闘うための最善策です。
  2. 血糖のコントロールをサポートするよう食べましょう。濃縮糖や精製穀物、およびその他の単炭水化物源は、血流に素早く吸収されて急激な血糖値上昇と過剰なグリコシル化を引き起こします。
  3. 肉などその他の動物性食品を減らしましょう。赤身肉または加工肉の大量摂取により死亡リスクを高めるという事実は、無視できない証拠が示しています。すなわち早死につながるのです。
  4. 正しい種類の脂肪を食べましょう。目標は総脂肪摂取量(特に飽和脂肪、トランス脂肪酸、オメガ-6脂肪の摂取量)を減らしてオメガ-3脂肪酸とモノ不飽和脂肪酸の摂取量を増やすことです。
  5. 塩分は控えめにカリウムは十分に摂りましょう。自然食品を多く取り入れながら、加工食品や塩分の摂取を少なくしましょう。
  6. 食品添加物を避けましょう。食品添加物には防腐剤、人工香料、酸化剤のような物資が含まれています。
  7. 毎日たっぷりの量の水を飲みましょう。水は生命に不可欠です。一日あたり少なくとも1.5リットルの水を飲むようにしましょう。軽い脱水症状でさえ身体機能を損なうことがあります。

アンチエイジングのために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


ビタミンD3 はテロメアの長さを増長させることによって老化を遅らせます。肥満、喫煙、運動不足はテロメアの長さを短くすることがありますが、研究者たちはビタミンD3の値の増加がこれらの影響に打ち勝ったことを見出しました。用量: 1日あたり2,000~5,000 IU


レスベラトロールは フラボノイドに似た植物化合物で、赤ブドウの皮、赤ワイン、ココアパウダー、ベーキングチョコレート、ダークチョコレート、ピーナッツ、クワの実の皮などに少量含まれています。ほとんどのレスベラトロールのサプリメントは、その供給源としてイタドリ(Polygonum cuspidatum)を使用しています。レスベラトロールは、細胞寿命の調節において重要な役割を果たすサーチュイン1として知られる酵素を活性化させます。より良好なインスリンの感受性も促進します。用量: 1日500 mgを1~3回


PQQ(ピロロキノリンキノン) は植物性食品に見られるビタミンのような新しい種類の化合物で、脳や身体の機能に対する幅広い利点を示しています。コエンザイムQ10との相乗効果を発揮し、ミトコンドリア(私たちの細胞のエネルギーを産生する部分)の機能に不可欠です。コエンザイムQ10と同様、PQQは脳細胞をダメージから守ります。動物およびヒトの研究において、記憶を回復させるものとしても示されており、その抗酸化作用は完全にぶっちぎりです(ビタミンCの約5,000倍の効果)。用量: 1日10~20 mg


アドバイスの効果が出ているのかどうかを知るには?


血液検査をしてC反応性蛋白(CRP)を調べましょう。この化合物は全身性炎症マーカーです。 ホルモンインスリンへの耐性、肥満、感情的なストレス、環境有害物質、抗酸化物質の低摂取、フリーラジカル(放射や喫煙など)に触れる機会の増加など、無言の炎症を誘発する要因は数多くあります。CRPの測定は老化のプロセスにおける一般的な評価を示します。炎症を促している要因の多くは早期の老化も促進するので、CRPの値が高いのは加速した細胞の老化に関連しています。

膀胱の健康とは?


膀胱における機能と構造の障害は非常に一般的で、特に女性にはよくあることです。尿路感染症は明らかに膀胱の病気につながりますが、単なる膀胱刺激から過活動膀胱につながることが膀胱機能障害の原因の一部であることもあります。もう一つの問題は、慢性的な間質性膀胱炎/膀胱痛症候群(IC/ PBS)であり、これは感染が原因ではない膀胱炎が持続的にある形です。


膀胱炎の典型的な症状には、排尿時の焼けるような痛み、頻尿(特に夜間)、下腹部の痛みなどが挙げられます。


警告: ほとんどの場合、膀胱の問題が深刻であることはありませんが、適切な診断、治療、経過の監視が施されることは非常に重要です。もしも膀胱感染症を示唆する症状がある場合には、すぐに医師に相談してください。


膀胱の健康に影響を与えるものとは?


膀胱感染のリスクの増加に関連がある要因はたくさんあります:妊娠(2倍の頻度)、閉経、性交(修道女の膀胱炎発生率は1/10)、物理的損傷や炎症、そしておそらく最も重要な尿路の構造的異常が尿の自由な流れを遮断するというような要因が挙げられます。過活動膀胱および間質性膀胱炎に関しては、これらの症状は主に適切な筋肉制御の損失、または膀胱内層の慢性的な炎症よって引き起こされると考えられています。


膀胱の健康のために重要な食事要因とは?


食事の推奨として最も重要なのは、消費する液体の量を増やすことです。理想的なのは、純水、ハーブティー、および少なくとも同量の水で希釈した新鮮な果物や野菜のジュースです。もしも膀胱感染症を患っている場合は、今示したグループの中から少なくとも64オンス(約1900 ml)の液体を飲む必要があり、その少なくとも半分は水であるべきです。またソフトドリンク、還元果実飲料、コーヒー、アルコール飲料などの液体は避ける必要があります。


クランベリージュースは膀胱感染症の治療に特に有益です。いくつもの臨床研究において、1日16オンス(約470ml)のクランベリージュースを飲むことで、膀胱感染症に関する10項目のうち7項目において有益な効果を生み出すことが示されています。クランベリージュースは、膀胱感染症の予防においてより効果的であるようです。クランベリージュースは膀胱の内側に付着する大腸菌の力を低下させます。細菌が感染させるためには、まず最初にこの粘膜内層に付着する必要があるのです。その粘着性を妨げることによって、クランベリージュースは感染の可能性を大幅に低下させ、身体が感染と闘うことを後押しします。ブルーベリージュースは、膀胱感染症を治療するという目的のクランベリージュースの理想的な代替となります。


膀胱の健康のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


クエン酸カルシウム&マグネシウム クエン酸と結合したミネラルは、膀胱の刺激を軽減し症状を緩和するために、昔から長い間使用されています。用量: クエン酸カルシウム/マグネシウム 125~250mg を1日3~4回。


ウワウルシ (学名: Arctostaphylos uva ursi: クマコケモモまたはアップランドクランベリー)は膀胱の健康をサポートする上で最も有用なハーブのひとつです。実際、クランベリージュースよりも効果的です。ある二重盲検試験では、再発性膀胱感染症の頻度が高い女性に標準化されたウワウルシエキスを使うと、ウワウルシエキスを使った30人の女性ではひとりも再発しませんでした。どちらのグループにも副作用は見られませんでした。用法: 1回の用量(250~500mg)で、10%のアルブチンを含むよう標準化されたウワウルシを1日3回、水と一緒にお摂りください。


クランベリー濃縮物またはエキスは、尿路感染症の予防におけるクランベリーの効能を最大限に活用できる簡単でコスト効果の高い方法です。用量: 信頼できるブランド(例: CranMaxやCranRichなど)を使用し、推奨される用量に従ってください。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


繰り返しますが、もしも膀胱感染症を示す症状がある場合には、すぐに医師に相談してください。症状が出なくなってきたときに、このプログラムに効き目があるかどうかがわかります。

高血圧とは?


血圧とは心臓が脈を打ち、動脈を通って血液を送るたびに血管にかかる圧力のことを指します。この収縮によってもたらされる最大圧力の測定値が収縮期圧です。心臓が弛緩する脈拍の間に、血圧は低下します。最小の血圧測定値は拡張期圧と呼ばれます。成人における正常な血圧の測定値は: 上(収縮期血圧)120 / 下(拡張期血圧)80 です。これより高い測定値であると、心臓発作や脳卒中の主な危険因子となり得ます。高血圧の測定値は以下のようなレベルに分類されます:


  • 高血圧前症 (120-139/80-89)
  • 正常高値血圧 (120-160/90-94)
  • Ⅰ 度高血圧(軽度) (140-160/95-104)
  • Ⅱ 度高血圧(中度) 140-180/105-114)
  • Ⅲ 度高血圧(重度) (160+/115+)

正常高値血圧からⅠ度高血圧のレベルでは、一般的に症状はありません。Ⅲ度高血圧は眠気や錯乱、頭痛、吐き気、嘔吐などの症状に関連することがあります。


高血圧の原因とは?


高血圧は生活スタイルや食生活と密接な関係があります。高血圧の原因となり得る生活スタイルの要因には、コーヒーの消費量、アルコールの摂取、運動不足、ストレス、喫煙などがあります。食事的な要因としては肥満、カリウムに対するナトリウムの摂り過ぎ、低食物繊維、糖分の高い食事、高飽和脂肪、体に必要な脂肪酸の摂取が少ない、およびカルシウム、マグネシウム、ビタミンCが乏しい食事などがあります。


高血圧に重要な食事要因とは?


高血圧の人には、理想的な体重に達することが最も重要なアドバイスです。ほんの少し体重が減るだけでも、血圧の著しい低下につながります。詳しい情報は「減量」の項目を参照してください。


カリウムが高くナトリウムが低い食事は、高血圧に関係してきます。ナトリウムの摂取量を少なくするための最も簡単な方法は、加工調理済み食品や食卓塩を避けることです。一方、果物や野菜、全粒穀物、豆類の摂取量を増やすことがカリウムの値を増やす最善の方法です。


高血圧の人に特にお勧めの食品は、セロリ、ニンニク、玉ねぎ、ナッツ類や種子類、冷水魚(鮭や鯖など)、オメガ-3脂肪酸EPA、DHAが凝縮されたフィッシュオイル製品、カルシウムやマグネシウム摂取のための緑の葉野菜や海藻類、フラックスシード、全粒穀物、豆類、およびブロッコリーや柑橘系果物のようなビタミンC豊富な食品です。


高血圧のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 2,000-5,000 IU/day; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


マグネシウム の補給は、特に高血圧の薬剤を既に服用している患者において血圧を下げることが明らかになっています。用量: 1回につき150~250 mg を1日3回。最も効果のある形状はクエン酸塩、リンゴ酸塩、グリシン酸塩、アスパラギン酸塩と形成したマグネシウムです。


警告: 腎臓の疾患または重度の心臓疾患(高度房室ブロックなど)を抱えている人は、医師による直接の勧告がない限り、マグネシウムを服用してはいけません。


鰹から摂れる少量のペプチド(タンパク質)の精製混合物であるボニートペプチド(例: PeptAce)は、動脈壁を弛緩させ液量を減らすのに役立ちます。臨床研究では、これらの鰹由来のペプチドが血圧抑制を高めるのに効果的であることを示しています。このような研究で見られた血圧低下の度合いはかなり意義のあるもので、一般的に収縮性血圧で少なくとも10 mm Hg、拡張期血圧で少なくとも7 mm Hg低下しました。用量: 1日1,500 mg


セロリ種子エキス (85%の3-n-ブチルフタリド[3nB]を含むよう標準化されたもの)もまた血糖の抑制を改善することが示されています。3nBはセロリ特有の化合物で、セロリの特徴的な味や臭いもこの化合物が寄与しています。血圧を下げる、関節の痛みを緩和するなどのセロリの伝統的な効果の説明を解明しようとした研究者たちによる調査で、セロリの活性成分として3nBが発見されました。用量: 75~150 mgを1日2回


コエンザイムQ10(CoQ10))は場合によって血圧の低下を助けることがあります。用量: 1日200~400 mg


ニンニク 製剤は血圧を低下させることができます。用量: 1日に少なくとも4,000 mcgとなる可能性のある総アリシンを提供する必要があります。


アドバイスの効果が出ているのかどうかを知るには?


プログラムで効果が出ているかどうかは、自身の血圧を定期的に検査することによって知ることができます。食生活、生活スタイル、サプリメント戦略は、効果が出始めるまでにしばしば4~6週間かかることがあるので、すぐに血圧が低下すると期待してはいけません。念を押しますが、高血圧は軽く捉えるべきではありません。血圧を正常な範囲に維持することは、単に寿命を延ばすだけでなく生活の質も高めます。正常な血圧に達するために、薬剤ではなく自然な措置を利用する場合は特にです。薬剤は疲労や頭痛、陰萎などのような重大な副作用を伴うことがあります。


もしも重度の高血圧を患っている、または自然なアプローチを持っても血圧が140/105以下に低下しないという場合には、医師の協力を得て最も適切な薬物治療を選択する必要があります。上記で推奨した食事や生活スタイル、サプリメントは高血圧のための処方薬と一緒に使用しても全く安全です。

血糖コントロールとは何ですか?
体は狭い範囲内で血糖(グルゴース)を維持できるように努めます。高すぎ、または低すぎの血糖値は、深刻な状況を引き起こす場合があります。血糖にある重要なホルモンの一つにインスリンがあります。食後の血糖の上昇に応答するように、膵臓は細胞内にグルコースを後押しするように、血流にインスリンを分泌します。
精製した炭水化物(砂糖)を多く含む食事が血糖のコントロールの損失に大きく関わっていることは広く認められています。そのような食事は、体中の細胞をインスリンに対して鈍感にし、抵抗性という状態にします。
インスリン抵抗性は、肥満や第2型糖尿病へとしばしば導きます。それはまた、心臓病、アルツハイマー病、癌、および黄斑変性症を含む、様々な慢性の健康疾患の大きな根本的な要因となっています。あらゆる努力は、インスリン抵抗性を防止し、適切な血糖コントロールを維持するためになされるべきです。


血糖コントロールの喪失の原因は何ですか?
インスリン抵抗性は、腹部肥満に密接に関連付けられています。腹囲が腰周りよりも大きい人は、インスリン抵抗性に苦しむ可能性が非常に強いと考えられます。腹部にある脂肪細胞のサイズや数が増大するにつれ、インスリンの効果を減衰させる生物学的製品(例: レジスチン)の数を分泌し、骨格筋におけるブドウ糖の使用を損ない、肝臓によるブドウ糖(血糖)の生産を促進します。他にも重要なこととして、脂肪細胞の数やサイズが増大するにつれて、アディポネクチンとしても知られる脂肪細胞により産生される新規タンパク質を含むインスリン作用を促進する化合物の分泌の減少をもたらすことがあります。


血糖をコントロールするのに重要な食事要因は何ですか?
特に体脂肪率の減少に重要である減量は、ほとんどの人において血糖のコントロールの改善となる主な目的になります。また、精製砂糖、小麦粉製品、その他単糖が含まれている製品は、深刻に血糖コントロールに影響を与え、血流にすぐに吸収されてしまうため、摂取しないことが重要になります。
特に水溶性の形状の食物繊維を取ることが非常に重要になります。水溶性の食物繊維は、炭水化物の消化と吸収を遅らせることが出来るため、血糖の急な上昇を防ぎます。こういった食物繊維は、インスリンに対する組織の感受性を増加させることに関連しており、筋肉、肝臓、他の組織によるブドウ糖の取り込みを改善するため、血糖の持続的な上昇を防ぎます。
水溶性の食物繊維として特に良いといわれている製品は、豆類、オートブラン、ナッツ、シーズ、梨、りんご、ほとんどの野菜です。植物ベースの食品をたくさん食べることにより食物繊維を十分に確保できます。豆類、野菜は、全般的に高食物繊維の宝庫であり、しかも比較的簡単に消費することが出来ます。


血糖をコントロールするために取るべき栄養補助食品は何ですか?
基本のサプリメント。高効能マルチ;ビタミンD3 2,000-5,000 IU/day; フィッシュオイル, EPA+DHA 1,000 to 3,000 mg/1日あたり。特に重要なのはクロムの十分な値で1日あたり 200 から 600 mcg。

PolyGlycoplex (PGX®) は、15年以上にも渡る研究と大規模な前臨床試験および臨床試験と共に開発されてきた革新的な食物繊維マトリックスです。PGXは100%自然、非中毒性であり、ひどい副作用も起こらないため、安心して消費することが出来ます。臨床試験の詳細は、PGXが次のような利点をもたらす事を示しました:


  • 食欲を抑え、効果的な減量を促進
  • 血糖コントロールを安定化
  • インスリン感受性を増加
  • 食品、飲料、食事のグリセミック指数を35-50%減少
  • 血中コレステロールとトリグリセリドを下げる

PGXは、顆粒、カプセル、食事の代わりに満腹感が得られるドリンクミックスの一部など、様々な形状のものが販売されています。用量:食事の前に2.5から5g。

次の中から一つ選んで下さい:


  • 桑の葉エキス は、血糖コントロールを維持し、減量を促進するようにサポートすることが示されています。用量:一日あたり、乾燥した桑の葉3,000mgと同等な量。10:1のエキスに対する用量は、食事前に100mgを1日3回。
  • ベルベリン は、メギ樹皮からのアルカロイドが血糖のコントロールに大きな正の効果をもたらすことが臨床試験により証明されています。
  • グルコースバランスは、Michael Lyon, M.D と共に私が開発したハーブ処方で、適切な血糖のサポートを維持するようにサポートするハーブエキスがブレンドされています。用量:2錠を1日2回。

アルファリポ酸 は、血糖コントロールをサポートするエネルギー代謝に関わるビタミンのような化合物で、適切な神経機能に重要です。血糖コントロールが上手く行えない人に対し、様々な栄養サポートを提供します。用量:1日に200-400mg。


グレープシード, 松樹皮, or 緑茶抽出物 (または他の適切なフラボノイドが豊富な抽出物) は、血糖コントロールの損失により引き起こされる損傷に対し、保護するようにサポートする重要な抗酸化物質を提供します。用量:1日あたり150から300mg。


計画がうまくいっているかどうかどうすれば分かりますか?
血糖コントロールが上手く言っていない人は、血糖値を観察することが重要になります。家庭用グルコースモニターキットを使えば、過去に比べ、血糖値の観察が簡単に行えます。そのほかにも大きな改善が見られるものには、長期間にわたり、血糖値のモニターが可能になった糖化ヘモグロビンの血中レベル(HgbA1c)の測定があります。家庭用グルコースモニターキットやHgbA1c 値の改善が見られる場合、計画が上手くいっていると思われます。

骨の健康とは?


骨の健康に関する最大の懸念は、骨粗しょう症(スカスカの骨)の回避です。骨粗しょう症には骨のミネラル(無機質)構成成分と非ミネラル(主にタンパク質から成る有機マトリックス)構成成分の両方が含まれます。骨は常に分解と再構築が繰り返されている動的な生体組織です。骨の健康は、骨密度を測定する二重X線吸収測定法(DEXA) によって決定されます。


骨の健康をもたらすものは?


正常な骨代謝は多くの栄養や生活スタイル、ホルモン因子による複雑な相互作用に左右されます。骨粗しょう症の原因となる食事要因としていくつか挙げると、低カルシウム高リンの摂取、高タンパク質の食事、酸性食、塩分の摂り過ぎ、微量ミネラルの欠乏などがあります。骨の不健康は、閉経後のアジア人女性、白人女性の間で最もよく見られます。他の危険因子としては、骨粗しょう症の家族歴、運動不足、低身長、低体重、骨のか細さ、それと妊娠したことがないなども挙げられます。


栄養的な因子はもちろん重要ですが、週に3回1時間程度の中度の活動(ウォーキング、重量挙げ、ダンスなど)をして身体を動かすことは、骨の損失を防ぎ閉経後の女性の骨量を実際に増加することが示されています。

骨の健康に重要な食事要因とは?


高タンパク質の食事は尿中のカルシウム排せつ増加に関連しており、骨粗しょう症のリスクを高めます。1日のタンパク質摂取量を47g から142g に増やすと、尿中のカルシウム排せつ量は2倍になるのです。しかしタンパク質が少なすぎることも骨の不健康につながります。


塩分や酸性が高い食事もまた骨からカルシウムを引き離し、尿中のカルシウムを増やします。したがって塩分を控えめに、アルカリ性をベースとした食事を摂ることが重要です。アルカリ性の食事とは基本的に、肉や乳製品の過剰摂取を避けながら、野菜や果物、ナッツ類、豆類を中心とした食事です。リン酸塩(リン酸)を含むソフトドリンクはもちろん避けることが重要です。


精糖の摂取もまた骨からのカルシウム損失を増やします。定期的な精糖の消費は、尿を介して血液からのカルシウムの損失を高めます。精糖を含む食品は一般的にカルシウムを含まないので、その後血中のカルシウム値を維持するために、骨からカルシウムが引き離されるのです。


ブロッコリー、ケール、コラード、マスタードグリーンのような緑の葉野菜と緑茶は骨の健康に著しいメリットを与えます。これらの食品は、カルシウムやビタミンK1、ボロンのような健康な骨を維持するために重要である幅広い種類のビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。


牛乳はどうでしょう? 看護師健康調査からのデータを参照したところによると、77,761人の女性に関与した研究では、牛乳を多く摂取することによって骨の健康が改善されたという証拠は認められませんでした。それどころか、1日にコップ2杯以上の牛乳を飲んでいた女性は、1週間に1杯未満飲んでいた女性に比べ股関節骨折の相対リスクが45%増加しました。つまり牛乳の摂取量が多い女性ほど股関節骨折を経験した可能性が高いという結果が出たのです。


骨の健康のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


カルシウム を単独で補充するだけでは、骨粗しょう症の治療や予防に対する利点はほとんど示されていません。しかしビタミンDと組み合わせることにより、カルシウムのサプリメントは骨の損失を30%ほど遅らせることができ、股関節骨折に対しても著しい保護を提供します。カルシウムの推奨用量は、1日1,000 mgです。


ビタミンD3 の補給は骨密度の増加に関連しており、カルシウムと組み合わせられたビタミンDは、いずれの栄養素を単独で摂取するよりも良い結果を示しています。ビタミンDのサプリメントは、(体内でのビタミンD製造を刺激する)日光に十分当たることがないお年寄り – 介護施設に住む人や赤道から遠く離れた場所に住む人、定期的に外に出ない人など- に特に便利です。用量: 1日2,000~5,000 IU


マグネシウム の補給は、一部の専門家によってはカルシウム補充と同じくらい骨の健康にとって重要であると考えられています。推奨される用量は1日250~500 mgです。


バイオシル(Biosil) は、骨密度と骨のコラーゲン含有量を高めるという臨床効果を示しているシリカの体内利用性が高い形状です。バイオシル(BioSil)は使用して1年以内には骨のコラーゲン含有量を22%増加させることで、骨のミネラル結合部位数を増やします。1日6 mgのサプリメントで、安全に、副作用もなく、1年以内にミネラル密度を2%増加させました


ビタミンK2 は、カルシウムを骨基質へと固定するタンパク質であるオステオカルシンを効果的に活性化させます。1日180 mcgの補給で骨の健康と密度の著しい改善が示されています。


Natural Factors Healthy Bones Plus は、骨の健康を促すための最新の研究に基づいた総合的なフォーミュラです。カルシウムの高吸収性フォーム1,000 mgおよびマグネシウム500 mg、2,000 IUのビタミンD3、BioSil 6 mg、その他骨のコラーゲンやミネラル基質に不可欠なビタミンK2、ビタミンB群、微量ミネラルなどの栄養素を含んでいます。


アドバイスの効果が出ているのかどうかを知るには?


女性にとって骨の健康に注意を向けることは生涯における目標であるに違いありません。DEXAスキャンのような基本となる骨密度査定を得ることをお勧めします。骨密度に対する価値ある情報を提供することができますし、長期的なモニターとして使うことができます。

脳の健康とは?


ヒトの脳は体内でも最も代謝的に活性な組織です。なので適切に機能するためには一定の安定した酸素の流れでだけでなく、栄養素も必要とします。かなりの量の科学的研究が、健康な脳機能において食事と栄養的なサプリメントが果たす大幅な役割を記録しています。


具体的には、研究は脳機能を改善する上での栄養的なアプローチの即効効果を示しています。子どもであろうと高齢者であろうと、脳の健康を改善する基本的な原理は、脳細胞のダメージに対する保護を提供する脳細胞への重要な栄養的基礎的要素の供給に関与します。


脳の健康をもたらすものとは?


子どもにおいても高齢者においても、栄養要因が脳の健康における決定的要因であると思われます。子ども、成人の両方を対象とした数々の研究で、精神機能は栄養状態に直接的な関連があることが示されています。より高い栄養状態であると精神機能がより高いと言えるのです。事実上どの栄養素が不足しても脳機能に変化がもたらされる可能性があります。


脳の健康はまた、酸化ダメージや炎症の増加、頭部への外傷、または重金属や溶剤のような環境源からの毒素へさらされるというような乏しい脳の健康につながる原因因子として関与している他の要因によっても影響されます。


脳の健康のために重要な食事要因とは?


毎日摂取する栄養素の40%を脳が利用します。なので私たちは実際に、他の臓器よりも脳の機能を促進するために食べていると言えます。その点を踏まえ、脳にとって重要な栄養素を豊富に含む健康促進のための食事を摂ることが重要です。食事に関する重要な推奨事項は以下の通りです:


  • 脳は主に脂肪で構成されているので、体にいい脂肪の摂取量を増やすことが重要です。フラックスオイル、クルミ、冷水魚(サーモン、サバ、ニシン、イワシなど)を食べてオメガ-3オイルの摂取を増やしましょう。またアーモンド、ブラジルナッツ、ココナッツ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、ピーカン、松の実、ピスタチオ、ゴマ、ヒマワリの種を含むナッツ類や種子をより多く食べ、調理にはオリーブオイルやアボカド、またはキャノーラ油のような一価不飽和油を使用して一価不飽和脂肪の摂取量を増やしましょう。
  • 毎日、特に緑、オレンジ、黄色の野菜、濃い色のベリー類、柑橘系果物を中心とした野菜や果物の組み合わせを5皿以上食べるようにしましょう。カロテンやフラボノイド、セレン、ビタミンE、ビタミンCのような植物性食品に含まれる抗酸化化合物は、アテローム性動脈硬化症の発達に対して重要な保護をもたらします。
  • 精製炭水化物(精糖や精製穀物など)の摂取量を制限しましょう。糖および他の精製炭水化物は、アテローム性動脈硬化症、炎症、およびインスリン抵抗性の発症における主要な要因です。
  • ホットドック、サラミ、ベーコンのような薫製された肉、または塩漬けされた肉は食べないようにしましょう。これらの食品は、脳にとって非常に良くない食品です。
  • 人工的な食品防腐剤、香味料、着色料などのような食品添加物を避けましょう。

アルツハイマー病のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。


  • 高い効力をもつビタミン&ミネラルフォーミュラ。 複数の研究において、マルチプルの補給は子どもの非言語知能を高めることができることがあると示されています。すなわち、マルチビタミン&ミネラルのフォーミュラは一部の子どもをより賢くすることができるということです。これらの研究は、脳機能におけるビタミンやミネラルの多くの重要な役割を強調しています。研究は成人においても利点を示しています。適切な脳機能や神経系の機能に特に重要な栄養素には、チアミン、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、銅、ヨウ素、鉄、マグネシウム、マンガン、カリウム、および亜鉛が含まれます。これらの必須栄養素のうちどれかが不足しても、脳機能および神経系の機能を損ないます。
  • 1日2,000~5,000 IUのビタミンD
  • フィッシュオイル EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。現在、数々の研究で、EPAとDHAは成人と子どもの適切な脳機能に欠かせないことが示されました。英国の名門オックスフォード大学で行われた2013年の研究では、EPA+DHAの値が子どもの集中力と学習能力を「大いに予見しました」。成人における研究でも同様の重要性が示されています。

ブドウ種子または松樹皮エキスは、脳の保護に大きな価値のある効果の組み合わせを生成するフラボノイドを含んでいます。ある研究では、松樹皮エキス(1 mg / 体重 kg)を1ヶ月間服用すると、注意欠陥障害のある子どもの注意力と視覚運動協調、および集中力を高めたことを見出しました。用量: 1日100~300 mg。


ホスファチジルセリンは、脳の細胞膜の完全性と流動性を決定するにおいて主要な役割を果たしています。通常は、脳が十分な値のホスファチジルセリンを生成することができます。しかし葉酸やビタミンB12、または必須脂肪酸の欠乏がある場合、脳が十分なホスファチジルセリンを作り出せないことがあります。脳内におけるホスファチジルセリンの低値は、高齢者の精神機能傷害およびうつ病に関連があります。10件以上もの二重盲検研究で、ホスファチジルセリンが精神機能、気分、行動などを改善することが示されています。用量: 100 mgを1日3回。


PQQ(ピロロキノリンキノン)は植物性食品に見られる新たなビタミンのような化合物で、脳と身体機能において幅広い利点を示しています。PQQはCoQ10(コエンザイムQ10)とともに相乗効果を発揮し、ミトコンドリア(細胞のエネルギー産生が行われる場所)の機能のために不可欠です。CoQ10とPQQはどちらも脳細胞をダメージから保護します。この組み合わせは動物およびヒトの両方の研究において記憶力に気付け効果があることが示されています。用量: 200~300 mgのCoQ10と一緒に10~20 mg のPQQ。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


精神機能および記憶力の改善は、プログラムを開始して2~3か月後には明らかになるはずです。

乳房の健康とは?


女性にとって乳房の健康に関する主な懸念といえば乳がん、もうひとつは乳腺線維嚢胞症(FBD)です。これは嚢胞性乳腺炎としても知られる、乳房組織内の複数の嚢胞の存在に関連した良性乳房疾患です。乳がんの危険因子と考えられますが、家系、月経の早期発症、高齢での妊娠、妊娠歴なしなどのような典型的な乳がんの危険因子ほどは顕著な要因ではありません。


乳房の健康に影響を与えるものとは?


乳房の健康に影響を与える主な要因はホルモンです。例えばFBDは、プロゲステロン比に対するエストロゲンの増加が原因であるようです。しかしながら他のホルモンもまた重要です。例えばFBDを患ったときの乳房内の変化はホルモンであるプロラクチンが原因である可能性があります。一般的に、FBDを患う女性には上昇したプロラクチン値が見られます。


乳がんに関しては、多くの場合これも多すぎるエストロゲンよって影響されるのですが、他の要因としては年齢、遺伝、および外因性エストロゲン(エストロゲンを模倣する合成化合物)、受動喫煙、殺虫剤、除草剤、電力線、電気毛布、放射線、日光へ十分にさらされていないなどの環境因子があります。


乳房の健康のために重要な食事要因とは?


食生活は乳房の健康において重要です。乳がんに関しては、表1に乳がんのリスクに関連する食事因子のリストが示されています。


表1.乳がんにおける食事因子


リスクを高める可能性のある食品

リクスを低下させることができる食品

総脂肪

全粒穀物

飽和脂肪

大豆またはその他の豆類

乳製品

キャベツ

精糖

野菜

総カロリー

ナッツ類

アルコール

果物


避けるにあたり最も重要な食品は、高温でグリルまたは網焼きされた肉です。高温でグリルまたは網焼きされると、肉は毒性の過酸化脂質(特にα-リノレン酸)や複素環式アミンを含む多くの強力な発がん物質を形成します。これらの化合物は乳房組織にとって非常に有害です。


FBDの場合、食事は全粒穀物、豆類、野菜、果物、ナッツ類、種子などの丸ごと未処理の食品を重視すべきです。これらの推奨食物は正常な腸の動きを促すことができます。排便が週に3回以下の女性は、少なくとも1日1回排便する女性に比べてFBAの進行度を4.5倍に増やします。この関連はおそらく大腸内の細菌叢が排せつステロイドを毒性誘導体へと変換するため、または排せつステロイドが再吸収されることを可能にするためであると考えられます。


粉末タイプのフラックスシードは、リグナンとして知られる特別な繊維化合物を提供して乳房の健康を促進します。これらの成分はエストロゲン受容体に結合し、乳房組織におけるエストロゲンの癌促進作用を妨害することができる繊維化合物です。リグナンはまた性ホルモン結合グロブリン(SHBG)として知られる化合物の濃度も増加させます。このタンパク質は、体から余分なエストロゲンを護衛することによりエストロゲンのレベルを調節します。FortiFlaxは、粉末フラックスシードが最大の鮮度を保つために特別な窒素容器に含んでいます。粉末にすることで、フラックスシードのリグナンが体内に吸収され利用されやすくなっています。ホットシリアルやサラダ、スムージーなどの食品に加えて1日大さじ1~2杯お摂りください。


乳房の健康のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


EstroSense は、エストロゲンと外因性エストロゲンの毒性効果を低減するようデザインされたフォーミュラです。解毒および過剰なエストロゲンを排除する上で有益であることが示された以下のような多くの化合物を提供します:


  • インドール-3-カルビノール(I3C)、ジインドリルメタン(DIM)、およびスルフォラファン - アブラナ科植物や野菜に含まれる抗癌植物栄養素。研究では、これらの化合物は発がん性のエストロゲンを非毒素形態に分解する働きがあることが示されています。
  • D-グルカル酸カルシウム - 排せつエストロゲンの再吸収を防ぐことができます。
  • 緑茶ポリフェノール – エストロゲンが持つネガティブな作用を遮断し、エストロゲン関連の癌に対する保護力を持つことが示されています。

用量: 2カプセルを1日2回お摂りください。注釈: I3CとDIMは代替として単独でお摂りいただくこともできます。


Brevail は、フラックスのリグナンを錠剤で供給します。Brevalは、乳房の健康とホルモンバランスが際立っている女性に見られるレベルと一致するよう体内のリグナン濃度を増加させます。用量: 1日1カプセル。


緑茶エキスはカフェイン抜きで乳がんに対する保護措置をもたらすことができます。研究は日本では乳がん率がより低いことを示唆しています。その理由の一部として、日本人が通常、1日約3杯の緑茶を飲むことが挙げられています。この数字を見ると、日本人は1日240~320 mgのポリフェノールをもたらす3 gの可溶性成分を消費していることになります。80%の総ポリフェノールを含むよう標準化された緑茶エキスを含有する錠剤から、これと同程度の保護を得るのは、毎日300~400 mgの摂取ということになります。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


FBDの場合は痛みや嚢胞の減少があります。乳がんの場合、観察する上で認識可能な方法はありません。

癌の化学療法サポートとは?


化学療法とは、癌を治療するために薬剤を使用することを意味します。多くの人々にとって化学療法と聞いて一番に連想するのは吐き気、嘔吐、下痢、衰弱といった恐ろしいイメージかもしれません。実際、化学療法はそのような症状やその他にも多くの症状を誘発する可能性があります。しかしより最近の薬剤は、過去に比べるとはるかに耐性が高いほとんどの化学療法レジメンを作り出しています。それでもなお、化学療法は幅広い範囲の望ましくない副作用を生成することがありますが、適切な栄養サポートによってその副作用を小さくすることができます。


癌の化学療法サポートのために重要な食事要因とは?


化学療法を受けている癌患者のための栄養サポートはスペクトルです。進行した癌を患っている人、または化学療法を受けている人は、通常エネルギー値が低い、食欲がない、吐き気がある(おそらく嘔吐まで)などのような試練を強いられます。このような方は、以下のような食生活の提案が栄養状態を改善するのに役立ちます:


  • 大きめの食事を少ない回数で食べるよりも、小さめの食事を頻繁(1~2時間おき)に食べましょう。
  • 水分をしっかり摂り、毎日約500~700 mlの新鮮な野菜ジュースを飲みましょう。食事と一緒に摂ってもいいですし、午前中の「ジュース休憩」として摂るのもいいでしょう。
  • 1日1~2回、高タンパク質のスムージーを飲みましょう(後述)。スムージーは朝食や午後のおやつの代わりに摂ることができます。
  • 吐き気や嘔吐の天然救済策であるショウガ。紅茶やジュース(生のショウガ)として、またはお米に混ぜてお試しください。
  • 食べ物の味の魅力を高めるため、調味料や香辛料、香料を少し多めに使いましょう。
  • 甘すぎる、または苦すぎる香料は避けましょう。
  • スムージー、バナナ、玄米、山芋のような柔らくしっとりしたものを食べるようにし、シリアル、クラッカー、飴などのような硬く乾燥したものは避けましょう。
  • 一口を小さくし、完全にかみ砕きましょう。
  • 毎日約500~700 mlの新鮮な野菜ジュースに加え、少なくとも約1500 ml の水を飲みましょう。.

癌患者はしばしば、タンパク質の摂取を増やす必要があります。筋肉の消耗(悪液質)のような兆候があったり、化学療法を受けているならなおさらです。タンパク質は筋肉量を維持するのに役立ち、消化管の粘膜に栄養を与え、血球数を向上させ、組織を治癒し、癌と戦う免疫系を強化し、感染を防ぎます。一方、タンパク質の摂取量が十分でなければ、病気からの回復を遅くし、感染に対する抵抗性を低下させます。化学療法を受けているときには通常よりも50%ほど多くのタンパク質を必要とすることがあります。


タンパク質ベースのスムージーは、癌を患う人が高品質なタンパク質を大量に消費するのに理想的、かつ美味しい手段です。ホエイプロテインはタンパク質の中でも最も高い生物学的価値(BV)を有するので、一番適していると言えます。BVは、あなたが食べるタンパク質のうちどれだけが実際に体内に吸収され、保持され、使われるのかを示す尺度です。ホエイプロテインのBVがそれほど高い理由のひとつは、最高濃度の天然に存在するグルタミン(アミノ酸)と分岐鎖アミノ酸(CCAAs)を含んでいることです。グルタミンおよび分岐鎖アミノ酸は、細胞の健康とタンパク質合成にとって欠かせません。


化学療法サポートのために摂取すべき栄養補助食品は?


ほとんどの化学療法薬に適した基本的な推奨は以下の通りです。


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


ホエイプロテイン (上記参照)。用量: 1日50~100 g


タンパク質分解酵素は、タンパク質をより小さな単位に分解する様々な酵素のことを呼びます。これらの酵素には、膵臓のプロテアーゼの一種であるキモトリプシン、トリプシン、ブロメライン(パイナップル酵素)、パパイン(パパイヤ酵素)、真菌プロテアーゼ、およびセラチアペプチダーゼ(「シルクワーム」酵素)が含まれます。タンパク質分解酵素には、癌患者をサポートするための使用において長い歴史があります。臨床研究では、患者の一般的な症状や生活の質の改善、および平均寿命における大幅な改善が示されています。タンパク質分解酵素は消化剤として以外の効果のために使用されるとき、空腹時に摂取される必要があります。用量はラベルの指示に従って食事の20分くらい前に毎日3回お摂りください。


Maitake Gold(マイタケゴールド) は、他のキノコエキスに比べてより顕著な活性が示されたマイタケによる特殊エキスです。マイタケゴールドは、マクロファージ(直訳で「大食い」の意)として知られる白血球細胞を刺激する重要な能力を示したマイタケの留分を保持しています。この特殊な白血球細胞は、癌細胞、細菌、細胞残屑などを含む異物を貪食または取り込みます。マイタケゴールドはその有効性を高める可能性があると同時に、従来の化学療法(および放射線)による副作用を軽減する手助けとなると考えられています。例えば、患者の90%が化学療法による一般的な副作用(脱毛、白血球数の減少、吐き気、嘔吐など)の減少を実感し、患者の83%の痛みの度合いが低減しました。結果は特に乳がん、肺がん、肝臓がんで現れました。マイタケゴールドの服用量は、その人の体重に応じて、体重1 kgにつき1日0.5~1.0 mgです。変換すると、1日あたりおおよそ35~70 mgの用量になります。最良の結果を得るには、食事の20分前または空腹時にお摂りください。


Theracurmin(セラクルミン) はターメリック(ウコン)の黄色い色素であるクルクミンの特殊形態です。クルクミン製品中で最大の生物学的利用能を示しており、生活の質を改善し、特に胃腸機能や疲労に関連する化学療法の多くの副作用を軽減することが示されています。用量: 1日240~420 mg。


コエンザイムQ10 は、薬物のドキソルビシンを服用している人たちに補完することが非常に重要です。この薬は特に心臓に有害であり、心臓に重大なダメージを生成する可能性があります(心筋症)。実際、心臓へのダメージは命を脅かすことが多くあります。数々の研究ではCoQ10はドキソルビシンの抗腫瘍の効果を低下させることなく、ドキソルビシンに関連する心臓の毒性を予防する助けをすることが示されています。用量: 1日100~200 mg。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


特に活力レベルや胃腸機能、筋肉消耗などのような副作用の低減が見られるはずです。

コレステロールとは?


コレステロールとは、いくつもの重要な役割を果たす体内の脂肪物質です。様々なホルモンや胆汁酸における構成成分で、細胞膜の安定化に重要な役割を果たしています。適切なコレステロール値が健康には重要ですが、血中コレステロール値が高いと心臓病による死亡のリスクを大幅に高めてしまうことをいくつもの証拠が圧倒的な力で示しています。


コレステロールはリポタンパク質によって血液中に輸送されます。低密度リポタンパク質(LDL)は、肝臓から体内の細胞への脂肪(主にトリグリセリドおよびコレステロール)の輸送に貢献しています。LDLの増加は、心臓発作や脳卒中の主な原因であるアテローム性動脈硬化を発症するリスクが高まることに関連しています。対照的に、高密度リポタンパク質(HDL)は脂肪を肝臓に変換する働きに責任があり、HDLの増加は心臓発作のリスクを低めることに関連しています。


現在のところ、専門家は空腹時の血液サンプルからの血液中の総コレステロール値が200 mg/dl以下であるべきだと勧告しています。HDL値は40mg/dl 以上であるべきです。LDL値の制限は現在の健康歴とリスク要因に基づきます:


  • 医師による決定により、冠状動脈性心臓疾患、糖尿病を患っている人、または10年間のリスク推定値が増加した人は100 mg/dl 。
  • 冠状動脈性心臓疾患またはそれと同等のリスクはないが、2つ以上の危険因子を持っている人は130 mg/dl 。危険因子は、年齢、低活動的、喫煙、太り過ぎなど。
  • 冠状動脈性心臓疾患における危険因子が全くない、またはあっても1つだけという人は160 mg/dl 。

高コレステロールの原因とは?


コレステロール値の上昇はたいてい食事や生活スタイルが反映しますが、遺伝的なものであることもあります。


高コレステロールを下げるために重要な食事要因とは?


鍵となる推奨事項は、食事中の動物性食品の量を減らすか排除して、飽和脂肪とコレステロールの摂取量を減らすことです。食物繊維豊富な食品(ナッツ類、野菜、穀物、豆類、生のナッツや種子)の消費量を増やしましょう。食事を通してコレステロールの低下を目指すには、セロリやビーツ、ナスやニンニク、玉ねぎやピーマン、根菜といったコレステロールを低下させる野菜をいろいろと食べることが大切です。


豆類を豊富に取り入れた食事はコレステロール値を下げるために用いられています。大豆タンパク質はいくつかの研究において、LDL値を35~40%も低下させることができることが明らかになっています。ナッツ類や種子類(特にアーモンド、クルミ、フラックスシード)もまた、その食物繊維、一価不飽和オイル、必須脂肪酸のような成分を通してコレステロールの低下に非常に役立ちます。


高コレステロールのために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


ナイアシン (ビタミンB3) は最もよく研究された天然のコレステロール低下剤です。実際にいくつもの研究において、スタチンなどのコレステロールを下げる薬剤よりも、ナイアシンの方が総合的により良好な結果を示しています。最良の結果を得るためには、ナイアシンによって引き起こされる皮膚の赤みやほてりを防ぐため、中間放出性の形状を選ぶといいでしょう。夜就寝前に500 mgの服用をまずは1週間続けましょう。翌週には用量を1,000 mgに増やし、そのまた翌週には1,500 mgにまで増やします。反応をチェックするまで2ヶ月間は1,500 mgのまま続けてください。反応に応じて服用量の上下は調節できます。


シトラスエキス。柑橘系果物の皮からの特別エキスと、柑橘系果物の種類から得られるベルガモットエキスは、スタチン薬剤に非常によく似た臨床結果をもたらしました。しかも副作用は見られませんでした。用量: シトリノール(Sytrinol)150 mgを1日2回。ベルガモットエキス 500 mgを1日3回。


ニンニク 製剤は、総コレステロール値を約10~12%およびLDL値を12~15%下げ、HDL値を10~12%上げることができます。用量: 少なくとも4,000 mcgとなる可能性のある総アリシンを提供する必要があります。


アドバイスの効果が出ているのかどうかを知るには?


最初の2ヶ月以内に、ナイアシン、シトリノール、またはベルガモットエキスのいずれかによって、一般的に最初の総コレステロール値が250 mg/dl以上ある患者における50 ~75 mg/dlの総コレステロール値の減少が見込まれます。最初の総コレステロール値が300 mg/dl以上ある場合には、シトリノールまたはベルガモットのどちらかと、さらにナイアシンを一緒にお使いになることを推奨します。コレステロール値が推奨される値に達するまでには4~6か月ほどかかる場合があります。コレステロール値が200 mg/dl以下まで下がったら、ナイアシンの用量を50%減らし、また2ヶ月後に再検査してみてください。コレステロール値が200 mg/dlを超えているようなら、服用量を再び最初の推奨量に戻してください。200 mg/dl以下のままであればナイアシンを完全に絶ち、2ヶ月後に再検査しましょう。200 mg/dl以上に上昇していたらサプリメントを再投入し、200 mg/dl以下のままならシトリノールまたはベルガモットエキスの服用も中止することができます。

便秘とは?


便秘とは、排便することができないことを指します。硬い、小さい、排便しにくいというのが最もよくある悩みです。排便に関する頻度や大きさ、硬さなどは個人個人で非常に大きく異なるため、何が正常かと決定するのは困難です。一般的にはほとんどの医師が少なくとも1日1回の排便を推奨しています。


便秘の原因は?


便秘には考えられる原因が数多くありますが、最も一般的な原因は食事中の繊維が少ないことです。その他のよくある原因としては、不十分な水分補給、運動不足、いろいろな薬剤(麻酔、制酸剤、利尿薬など)、甲状腺機能の低下、過敏性腸症候群などが挙げられます。


便秘のために重要な食事要因とは?


高繊維な食事、豊富な液体消費量、運動、これは便秘におけるほとんどのケースで効果的な処方です。食物繊維を豊富に摂ると便通の頻度と量を増やし、便の通過時間および便からの毒素を減らします。またいくつもの疾患における予防因子ともなり得ます。便秘の緩和に特に効果的なのがブラン(ふすま)とプルーンです。ブラン(ふすま)の一般的な推奨摂取量はブランシリアル1/2カップで、数週間にかけて1-1/2カップにまで増やしましょう。ブラン(ふすま)を使用する場合には、十分な水分を取ることも忘れないようにしてください。1日あたり少なくともコップ6~8杯の水を飲みましょう。丸ごとプルーンやプルーンジュースにも良好な下剤効果があります。8オンス(約240g)で通常は有効的な量です。それに加え食物からも25~35 mgの繊維を摂ることが推奨されます。


権威あるニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(New England Journal of Medicine)という医学雑誌で公表された研究によると、便秘を患う子どものうち約2/3における便秘の原因が牛乳の摂取量にあることが示されています。おそらく同様のことが成人にも当てはまると思われます。


便秘解消のために重要な栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


オオバコを含有した膨張性下剤は、便秘を緩和するために使用される最も人気の高い繊維フォーミュラです。繊維フォーミュラのその他の供給源は、オオバコ種子、昆布、寒天、ペクチン、およびカラヤやグアーのような植物ゴム由来の天然植物繊維で構成されています。他には、メチルセルロースおよびカルボキシメチルセルロースナトリウムのような精製された多糖類です。これらの膨張性薬剤は、排便を促進する自然のメカニズムにおそらく最も密接な便秘薬です。用量: ラベルの指示に従ってください。


センナ (Cassia senna) は刺激性下剤の中でも最も穏やかです。カスカラサグラダ(Rhamnus purshiana)およびアロイン(アロエ由来)は、重度の痙攣、電解質および流体の欠陥、および栄養素の吸収不良を生成する可能性が高くなります。刺激性下剤は便秘の初期治療として使用されるべきではありません。また正常な腸の機能が回復したら直ちに使用を中止すべきです。用量: センナおよび他の刺激性下剤を使用する際にはラベルの指示に従ってください。


アーティチョークの葉エキス (Cynara scolymus) は、慢性的な便秘に非常に役立ちます。胆汁の出力を増加させることによって作用します。胆汁は糞に水を引き付け、穏やかな下剤として働きます。用量: 1日150~300 mg。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


便秘の緩和、および正常でまとまった便が出やすくなる、などはプログラムが効果を示している明らかな兆候です。

線維筋痛とは?


線維筋痛とは、少なくとも3箇所の解剖学的部位における痛みや凝り、および6か所以上の典型的な再現性の圧痛が少なくとも3か月間続くことによって特徴付けられます。また疲労や慢性的な頭痛、睡眠障害、抑うつ、四肢におけるしびれたような感覚、過敏性腸症候群などにも関連があり、運動やストレス、天候の変化に関連した症状も様々にあります。


線維筋痛を引き起こすものとは?


線維筋痛の原因はわかっていません。線維筋痛における主な治療目標はセロトニンの値を上昇させ、睡眠の質を改善し、適切なマグネシウム値を確保することです。


線維筋痛のために重要な食事要因とは?


精糖および食物アレルギー源(「食物アレルギー」の項目を参照)の摂取をやめる、または制限しましょう。マグネシウムの食用摂取を増やしてください。マグネシウム源として最良な食品には、豆類、豆腐、種子、ナッツ類、全粒穀物、緑の葉野菜などがあります。魚、肉、牛乳、および最も一般的に食べられる果物にはそれほどマグネシウムは含まれていません。ほとんどの米国人の食事ではあまりマグネシウムが消費されません。それは米国人の食生活が精製食品、肉、乳製品を多く含むからです。


線維筋痛のために重要な栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


5-ヒドロキシトリプトファン (5-HTP) は、重要な神経伝達物質であるセロトニンに変換されます。セロトニンの欠乏は線維筋痛につながりがあるので、5-HTPは有用であることを証明しています。ある二重盲試験では、線維筋痛を患う50人の患者が1日3回5-HTPまたはプラセボ(偽薬)を与えられました。5-HTPを受けたグループは、彼らの症状に顕著な改善が見られました。対照的にプラセボを受けたグループはほぼ何の改善も見られませんでした。改善の点は、痛む部位の数、朝の強張り、睡眠パターン、不安感、疲労など全ての症状のカテゴリによって見られました。5-HTPは30日以内に非常に良い結果をもたらしましたが、90日間の使用ではさらにより良い結果が得られます。用量: 50~100 mg を1日3回。


マグネシウム は、エネルギー産生、タンパク質形成、細胞複製などを含む多くの細胞機能にとって欠かせません。線維筋痛を患う患者にはマグネシウムの値が低いことがよく見られます。マグネシウムの補給は線維筋痛を治療する上で非常に良好な結果をもたらしています。用量: マグネシウム(クエン酸、リンゴ酸、フマル酸、コハク酸、アスパラギン酸、グリシン酸) 150~250 mgを1日3回。


セント・ジョーンズ・ワート (St. John's wort) エキスは、気分や睡眠の質を改善する能力があるという点で、しばしば線維筋痛に有用です。用量: 毎日(0.3%ヒペリシン含有) 900~1,800 mg。セント・ジョーンズ・ワートは5HTPとマグネシウムと一緒に使うことができます。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


ほとんどの人がプログラム開始から3~7日以内に、より良い夜の睡眠やエネルギー値の増加、痛みの部位の減少などで示される顕著な改善を報告しています。

食物アレルギーとは?


食物アレルギーまたは過敏症は、食品の摂取に拒絶反応がある場合に発生します。アレルギー反応は免疫系によって媒介(制御または影響)されることもあればされないこともあります。アレルギー反応は、タンパク質、でん粉、またはその他の食品成分によって引き起こされたり、食品中の汚染物(着色料、防腐剤など)によって引き起こされることがあります。食物アレルギーは、以下に示すような複数の症状や健康状態に関連付けられます:



胃腸

口内炎、セリアック病、慢性の下痢、十二指腸潰瘍、胃炎、過敏性腸症候群、吸収不良、潰瘍性大腸炎

泌尿生殖器

夜尿症、慢性膀胱感染症、ネフローゼ症候群

免疫

慢性感染症、頻繁な耳の感染

精神/感情

不安、抑うつ、多動性、集中力の欠如、不眠、神経過敏、精神錯乱、人格変化、発作

骨格筋

滑液包炎、関節痛、腰痛

呼吸器官

喘息、慢性気管支炎、喘鳴

皮膚

にきび、湿疹、じんましん、かゆみ、皮膚の発疹

その他

不整脈、浮腫、失神、疲労、頭痛、低血糖症、鼻やのどのかゆみ、偏頭痛、副鼻腔炎


食物アレルギーの原因は?


食物アレルギーは多くの場合遺伝します。食物アレルギーの中には、定着型のものもあり、生涯においてその食物を回避する必要があります。その他は周期的なものであり、ストレスまたは食品への反復接触が原因で起こる免疫機能の変化、消化不良、腸管バリアの完全性が良好でないなどの理由が反映されます。


古典的な食物アレルギーは、摂取された食物の分子が抗原(抗体によって結合され得る物質)として作用するときに現れます。抗体は、異物に結合する白血球によって作られるタンパク質分子です。食物抗原はIgE(免疫グロブリンE)として知られるアレルギー性の抗体によって結合されます。IgEとは肥満細胞および好塩基球として知られる特殊な白血球に結合する特殊な免疫グロブリン(タンパク質)です。IgEと食物抗原が肥満細胞や好塩基球と結合するとヒスタミンの放出を引き起こし、これが腫れや炎症の原因となります。


食物アレルギーのために重要な食事要因とは?


アレルギー除去食は、食物アレルギーを識別する上で有益です。アレルギー除去食では、一般的に食べられる食品が除去され、低刺激性の食品、あまり食べられない食品、または特別な低アレルギーフォーミュラのいずれかで代替されます。食べられるアレルギー性食品が少ないほど、除去食を使っての診断が確立しやすいです。一般的な除去食は、子羊肉、鶏肉、ジャガイモ、米、バナナ、リンゴ、キャベツ系の野菜(キャベツ、芽キャベツ、ブロッコリーなど)で構成されます。除去食には適したバリエーションが豊富にあります。しかしアレルギー性の食物は一切消費しないことが極めて重要です。


除去期間中は、Natural Factors社から提供されているRevitalXを使うことができます。これは対象となる腸管への栄養サポートを提供する粉末飲料ミックスです。潜在的なアレルギーが低いこのフォーミュラは、特に食物アレルギーを持つ人のためにデザインされていますが、全ての人に適しています。RevitalXは身体をサポートするためのビタミン、ミネラル、植物栄養素、プロバイオティクスをバランスのとれた値で提供しながら、胃腸管を治癒します。除去食において重要な構成要素として使用するときには、RevitalXは1日2回服用することができます。RevitalXは水およびジュース(なるべく新鮮な野菜ジュース)に加えるか、またはフルーツスムージーにして摂ることができます。


少なくとも10日間は、除去食を続けてください。症状が食物過敏症に関連している場合には、普通は、この間になくなるでしょう。症状がなくならない場合は、除去食中の食品が原因である可能性があります。この場合、食品の制限をさらに狭めることが必要になります。


除去食期間が終わったら、それぞれの食品を2日ごとに再導入していきましょう。1つの食品のみを2日ごとに再導入したり、1つの食品を毎食ごとまたは2食ごとに再導入したり、その方法は幅広くあります。通常、1週間の「浄化」期間の後は、問題のある食品に対する患者の感受性がさらに高まっています。


アレルギー性食品の再導入は、一般的に以前よりもさらに深刻な、またはより認識できやすい症状をもたらします。いつ、どの食品が再導入されたか、再導入時にどのような症状が表れたかなど、注意深い詳細な記録を維持しなければなりません。アレルギーをもつ食品が消費されたときに脈拍が変化することがあるので、再導入時に手首の脈を測っておくと非常に役立つことがあります。


食物アレルギーに悩む人のための天然製品


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


消化酵素 特に大きなアレルギー性食物タンパク質を小さな非アレルギー性ペプチドに分解することができるタンパク質分解酵素を含む消化酵素は役に立ちます。これらの酵素には、膵臓のプロテアーゼの一種であるキモトリプシン、トリプシン、ブロメライン(パイナップル酵素)、パパイン(パパイヤ酵素)、真菌プロテアーゼ、およびセラチアペプチダーゼ(「シルクワーム」酵素)が含まれます。


緑茶エキスは ヒスタミンの放出および他のアレルギーのメカニズムを阻害することが示されています。これは食物アレルギー源に対するアレルギー反応の低減においていくつか利点があると考えられますが、この領域の研究は行われていません。用量: 緑茶エキス(80~90%のポリフェノール)は1日150~300 mg。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


除去食中に食物アレルギーに起因する症状が消えることがあれば、それは食物アレルギーの真の決定要因です。

痛風とは?


痛風は、生物学的流体中の尿酸濃度(プリン体の最終的な分解産物。プリン体はDNA、RNAの単位のひとつ)の増加によって引き起こされる、一般的な種類の関節炎です。痛風では尿酸の結晶が関節、腱、腎臓、および他の組織に堆積され、そこでかなりの炎症および損傷を引き起こします。


足の親指の第一関節は、最初の発病の半分近くにおいて影響を受けており、痛風を患う人の90%がそのどこかの時点で関与している部位です。発病が進行すると発熱や悪寒が表れます。最初の発病は、通常夜間に発生し、たいていは暴飲暴食、アルコールの摂取、外傷、特定の薬剤(主に化学療法薬、特定の利尿薬、アスピリン、高い投与量のおよびナイアシン)などのような事柄が先行して発生します。


痛風の原因は?


痛風は、尿酸の合成の増加、尿酸を排せつする能力の低下、または尿酸の過剰な生成と排せつ不足のいずれかが原因です。痛風を誘発することで知られるいくつかの食事因子としては、アルコール、高プリン体含有食品(内蔵、肉、酵母、鶏肉など)、脂肪、生成炭水化物、および過剰なカロリーの摂取が挙げられます。


痛風のために重要な食事要因とは?


低プリン食品は長い間、痛風のための食事療養の主力です。高いプリン値を含む食品は完全に排除されるべきです。この種の食品には、内臓肉、肉、貝類、酵母(ビールおよびパン)、ニシン、イワシ、サバ、アンチョビなどがあります。また乾燥豆類、ほうれん草、アスパラガス、魚、鶏肉、キノコのような並のタンパク質値を含む食品の摂取も減らす必要があります。


精製炭水化物、果糖、飽和脂肪の摂取は最小限に抑えなければいけません。単糖(精製糖、蜂蜜、メープルシロップ、コーンシロップ、果糖など)は尿酸の産生を増やし、飽和脂肪は尿酸の排せつを減らします。食事は単純糖質でなく、豆類、全粒穀物、野菜のような複合糖質に焦点を当てるべきです。


サクランボ、ブルーベリー、およびその他の濃い赤色、青色の果実は、痛風と戦うフラボノイドが豊富に含まれています。1日約225gの新鮮なサクランボまたは缶詰のサクランボを摂取すると、尿酸の濃度を低下させ痛風の発作を予防するのに非常に有効であることが示されています。フラボノイドが豊富な果実を消費することに加え、ビルベリー、ブドウ種子、または松樹皮エキスを使用することができます。これらのフラボノイド豊富なエキスにおける一般的な推奨用量は、1日150~300 mgです。


痛風のために重要な栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


フラボノイドを豊富に含むエキス。以下から1つ選んでください:



セロリの特徴的な風味や香りの元であり、薬剤的な効果もあるセロリ独特の化合物である3nB(3-n-butylpthalide) を85%含むよう標準化されたセロリエキスは、痛風の治療においてかなりの利点を生じさせることが示されています。推奨用量は75~150 mgを1日2回です。


Celadrin® は、炎症を抑える特別にセチル化されたエステル脂肪酸における全天然の基質です。天然製品であるCeladrin®のユニークな特徴には、リウマチに関する国際的に評価された雑誌で公開された臨床試験で実証された通り、副作用を伴わずに炎症や痛みを素早く軽減する能力があります。クリームタオプとカプセルタイプで購入が可能なCeladrin®は、結果をもたらすことが臨床的に証明されています。Celadrin®のクリームタイプは必要に応じて患部に適用することができます。経口錠剤の服用量は、毎日ソフトゼラチンカプセルを3粒です。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


目標は、痛風発症の頻度や程度が減少することです。

心臓と血管の健康とは?


心臓血管系は心臓および血管から構成されています。その主な機能は身体全体の細胞に酸素と重要な栄養素を搬送すること、同時に細胞の老廃物の除去を助けることです。


心臓の健康には適切な力とリズムを伴う心拍が必要である一方、血管の健康は適切な血圧の維持と酸素や栄養素の伝達に対して責任を負っています。


心臓と血管の健康に影響を与えるものとは?


心臓と血管の健康に対する最大の課題は、動脈壁の硬化および動脈プラークの蓄積であるアテローム性動脈硬化症のプロセスです。心臓と血管の健康は、アテローム性動脈硬化症に関連する様々な危険因子の排除に焦点を当てることに関わってきます。危険因子は主に、主要な危険因子とその他の危険因子の2つのカテゴリに分けられます。


(注釈: このトピックに関する詳しい情報は、「コレステロールのサポート」および「血圧のサポート」を参照してください。)


アテローム性動脈硬化症の危険因子


主要な危険因子:


  • 喫煙
  • 血中コレステロール濃度(特にLDLコレステロール)の上昇
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 運動不足

その他の危険因子


  • 高感度C反応性タンパク質(HS-CRP)の上昇
  • インスリン抵抗性e
  • 低甲状腺機能
  • 抗酸化状態の低下
  • 低値のオメガ-3脂肪酸
  • 血小板凝集の増加
  • フィブリノゲン形成の増加
  • 低値のマグネシウムまたはカリウム、またはその両方
  • ホモシステイン値の上昇
  • 「A型人間」 - 何事にもエネルギッシュなタイプの人間 (血液型ではない)

心臓と血管の健康のために重要な食事要因とは?


心臓と血管の健康を促進するための鍵となる食事的な推奨事項:


  • フラックスオイル、クルミ、冷水魚などを食べることによってオメガ-3オイルの摂取を増やしましょう。
  • アーモンド、ブラジルナッツ、ココナッツ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、ピーカン、松の実、ピスタチオ、ゴマ、ヒマワリの種を含むナッツ類や種子をより多く食べ、調理にはオリーブオイルやアボカド、またはキャノーラ油のような一価不飽和油を使用して一価不飽和脂肪の摂取量を増やしましょう。
  • 毎日、特に緑、オレンジ、黄色の野菜、濃い色のベリー類、柑橘系果物を中心とした野菜や果物の組み合わせを5皿以上食べるようにしましょう。カロテンやフラボノイド、セレン、ビタミンE、ビタミンCのような植物性食品に含まれる抗酸化化合物は、アテローム性動脈硬化症の発達に対して重要な保護をもたらします。
  • 繊維の摂取量を増やしましょう。繊維を多く含む食事は アテローム性動脈硬化症に対して保護的であることが示されています。豆類、果物、野菜などに見られる水溶性食物繊維は特にコレステロール値を下げるのに効果的です。
  • 精製炭水化物(精糖や精製穀物など)の摂取量を制限しましょう。糖および他の精製炭水化物は、アテローム性動脈硬化症、炎症、およびインスリン抵抗性の発症における主要な要因です。

心臓と血管の健康のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


サンザシ(Hawthorn)、ブドウ種子、松樹皮エキスは、心臓と血管に大きな価値のある組み合わせ効果を産生するフラボノイドを含みます。これらは心臓血管系に関与するいかなる問題において不可欠なサポートを提供します。エキスを使って最良の結果を得るには、10%のプロシアニジンまたは1.8%のビテキシンを含むサンザシエキスを100~250 mgを1日3回服用することを推奨します。また代わりにブドウ種子か松樹皮エキスを使う場合の用量は1日150~300 mgです。


マグネシウムは、適切な心臓のリズムを維持し、冠状動脈の痙攣を防止する上で重要な成分です。マグネシウムは冠状動脈を弛緩させることで心筋への酸素の運搬を高めるとともに、心筋内のエネルギー産生も改善します。用量: 150~250 mgのマグネシウムを1日3回。よりよい吸収率のため、酸化物に結合したマグネシウムよりもアスパラギン酸、リンゴ酸、クエン酸に結合したマグネシウムの方が好ましいです。


カルニチンは心筋内のエネルギー産生に大きな役割を果たしているビタミンのような化合物です。カルニチンが狭心症を軽減し、運動耐容能および心臓機能を改善することがいくつもの臨床試験で実証されています。1日1,500 mgお摂りください。


コエンザイムQ10(CoQ10)は、カルニチンと同じく心臓内のエネルギー産生において大きな役割を果たしています。心臓血管の問題を患う人、コレステロールを下げるための薬を服用している人には、しばしば低CoQ10値が見られます。用量: 1日200~300 mg。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


心臓の健康は、その人が何に対処しているかによって数々の方法で経過を監視することができます。例えば運動時の息切れの程度は多くの場合心臓および血管機能に関連しています。

過敏性腸症候群とは?


過敏性腸症候群(IBS)とは、伴う構造欠陥における証拠が見当たらない大腸の機能障害です。IBSは腹痛または膨満感、腸機能の変化、便秘、下痢、結腸粘液の過剰分泌、消化不良の症状(鼓腸、吐き気、食欲不振)、様々な程度の抗うつなどによる組み合わせによって特徴づけられます。IBSを示唆する症状がある場合には、医師に相談して性格な診断を得てください。


過敏性腸症候群の原因とは?


IBSの主な原因として、主にストレス、食物繊維の不足、食物アレルギー、糖分の多すぎる食事の4つがあるように思われます。ストレスは結腸の運動性(消化管を通る食物を駆り立てるリズミカルな腸の収縮)を増加し、腹痛や不規則な腸機能を引き起こします。


過敏性腸症候群ために重要な食事要因とは?


食物繊維は適切な結腸の機能を促します。便秘を患う患者は下痢を患う患者よりも食物繊維に反応しやすい傾向にあります。穀物源よりも果物や野菜由来の食物繊維の摂取量を増やすと、一部の人にとってはより有益であることがあります。


食物アレルギーは、IBSの原因としては1990年初期より認識されてきました。より最近の研究では、IBSを患う患者の大部分(およそ2/3)が少なくとも1つ、中には複数もの食物アレルギーを持つことを示しています。最も一般的な食物アレルギーは、乳製品(40~44%)とグルテンを含む穀物(40~60%)です。多くの患者が、除去食を使用している間は改善が見られたことを指摘しています。


精糖を多く含む食事はIBSに寄与することがあります。糖分の高い食事の後は、消化管の正常でリズミカルな収縮が減速し、中には完全に止まってしまう部分もあります。IBSが米国においてこのような一般的な症状であることも、精糖を多く含む食事が大きく関係しているからであると考えられます。


過敏性腸症候群のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


オオバコ種子殻、グアーガム、ペクチンのような水溶性食物繊維 は、単独で摂っても組み合わせて摂ってもかなり役立ちます。用量: 就寝時に3~5 g。


RevitalX は胃腸のライニングをサポートし解毒を補助するための重要な栄養素における優れた供給源となるよう特別にデザインされた、Natural Factors社が提供する高効力のマルチ栄養粉末飲料ミックスです。これは特殊な栄養素、プロバイオティクス、消化器系へのハーバルサポートを提供するとともに、優れた低刺激性の植物性タンパク質源でもあります。用量: 1日1~2食分。


腸溶性コーティングされたペパーミントオイルカプセルは、IBSにおいて非常に効果的であることが示されています。用量: 1~2カプセルを1日3回、食事の前に。


アシドフィルス菌ビフィズス菌種を供給するプロバイオティクス補助食品はIBSまたはどんな胃腸の問題においても重要です。用量: 50億~200億の生きたバクテリアを提供する製品を毎日。


アーティチョークエキスは、IBSにおいてかなり有用であると思われます。IBSに関連する症状を含む様々な消化器疾患を患う患者におけるいくつもの研究結果によってそれが証明されています。アーティチョークエキスは、腹痛、膨満感、便秘、食欲不振、吐き気に最も有効です。用量: 300~600 mgを1日3回。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


IBSの一般的な症状における一貫した持続する改善が見られれば、プログラムの成功を明確に示しています。

免疫とは?


免疫とは免疫系の機能のことを指します。免疫系のサポートおよび強化は、風邪やインフルエンザ、その他の感染症に対する感受性を低下させて抵抗力をつけるに当たり、おそらく最も重要なステップと言えるでしょう。免疫系のサポートには、健康を促進する生活スタイル、ストレスの管理、適度な運動、食事、栄養補助食品ならびに漢方の適切な使用などが含まれます。


以下の質問に対してひとつでも「はい」という答えがある人は、免疫系がサポートを必要としているサインです:


  • 風邪を引きやすいですか?
  • 年に3回以上風邪を引きますか?
  • 慢性的な感染症に悩まされていますか?
  • 口唇ヘルペスが頻繁に現れたり、性器ヘルペスを患いますか?
  • リンパ腺がたまに腫れたり痛んだりしますか?
  • 今現在または以前に癌を患ったことはありますか?

免疫力が低い原因とは?


免疫系の健康は、個人の感情、ストレスの度合い、生活スタイル、食習慣、栄養状態によって大きな影響を受けます。栄養不足は免疫系の低下における最もよくある原因です。圧倒的な数の臨床的、実験的研究によると、何か一つの栄養素が欠乏するだけでも免疫系を大いに損なう可能性があると示されています。


ストレスもまた免疫力を低下させます。効果的にストレスに対処する手順を実行するには「ストレス」の項目を参照してください。


低下した免疫機能に重要な食事要因とは?


最適な免疫機能には(1)果物、野菜、全粒穀物、豆類、種子類、ナッツ類のような自然食に富んでいる; (2)脂肪、精糖が控えめ; (3)十分でありながら過剰ではない量のタンパク質を含む、健康な食生活が欠かせません。それに加えて、最適な免疫機能のためには個人は1日あたり約240mlの水(できれば純水)を5~6杯飲むことが重要です。


私たちの免疫系に対してより有害な食品成分のひとつは糖です。ある研究では、100 g分の炭水化物(ブドウ糖、果糖、ショ糖、蜂蜜、低温殺菌されたオレンジジュースなど)が、バクテリアを取り込んで破壊する白血球(好中球)の能力を大幅に低下させました。


免疫機能を高めるために最も重要な食品成分に、カロテンがあります。カロテンを豊富に含む食品には、カボチャや人参のような緑黄色野菜、山芋、サツマイモ、赤ピーマンやトマトなどがあります。


適切な免疫機能に有用なその他の食品としては、キャベツの仲間(ブロッコリー、芽キャベツ、キャベツ、カリフラワー、コラード、ケール、マスタードの葉、大根、カブ)や、フラボノイド豊富なベリー類、ニンニク、玉ねぎ、キクイモなどがあります。


低下した免疫機能のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


効力の高い マルチプルビタミン およ びミネラルのフォーミュラ は、栄養補助食品を使って免疫系をサポートするための最初のステップです。根本的な栄養不足に対処します。


ビタミンD は免疫の健康に特に重要です。ビタミンDの血中濃度が38 ng/ml 以下である人は、より高い濃度を有する人の2倍も上気道感染症を患っていました。臨床研究では、風邪やインフルエンザに対するリスクを軽減するビタミンDの能力が立証されています。最適なビタミンD量を確保するため、最近ではほとんどの健康専門家が1日に2,000~5,000 IUのビタミンDを取り入れることを提唱しています。


エキナセアは 、300以上の科学研究(全てが臨床研究が明白に述べられているわけではない)において、免疫機能に著しい効果を発揮することが示されています。エキナセアにおける臨床研究からの入り混じった結果は、活性化合物量の不足または欠如が最もらしい理由です。Echinamide®は、特許を取得している臨床的にも証明された製品で、免疫系に対するエキナセアの作用に貢献する3つの重要な活性基化合物を高い値で得られることを保証しています。ラベルの指示に従ってください。


ウェルミューン はパン酵母から取り出されるベータグルカンと呼ばれる成分です。いくつもの二重盲検研究において、風邪やインフルエンザの予防となる免疫力を高めるのに効果的であることが示されています。被験者は1日500mg のウェルミューン、またはプラセボ(偽薬)で90日間処置されました。これらの研究結果のひとつでは、以下のような報告結果が出ています:


  • プラセボが処置されていたグループの仕事または学校の欠席が1.38日であったのに対し、ウェルミューンが処置されたグループは風邪による仕事または学校の欠席がゼロであった。
  • ウェルミューングループでは発熱なし。プラセボグループでは3.50の発熱率。
  • 臨床的に検証された健康調査アンケートによる測定で、ウェルミューングループは身体的活力や感情的な幸福を含み生活の質が高まったと報告。

マイタケ、シイタケ、レイシ、冬虫夏草のような キノコのサプリメント には大きな免疫増強効果があります。このような作用の多くはベータグルカンの存在によるものです。大多数の実験的および臨床的研究では、キノコのベータグルカンが白血球を活性化することを示しています。ラベルの指示に従ってください。


プロバイオティクス は、乳酸菌やビフィズス菌のような種類を含有する体にいい影響をもたらすバクテリア製品です。これらの製剤は免疫力の増強において価値ある助けとなります。1日60億~120億の生きたコロニー形成単位(CFU)を服用しましょう。


アドバイスの効果が出ているかどうかを知るには?


風邪や他の感染症にかかることが少なくなる、感染の期間が短くなる、感染症に対して全体的な抵抗が高まるなどの改善点が見られるはずです。

消化不良とは?


消化不良は、潰瘍には関係のような消化器上部に感じる問題や胸焼け、またはその両方を指すときに使われる一般的な用語です。消化不良と同様の症状を記述するために使われる医学用語には、非潰瘍性消化不良(NUD)および胃食道逆流症(GERD)があります。

消化不良の症状には、GERDの症状(胸焼けまたは上腹部痛、またはその両方)、嚥下困難、食べた後の圧迫されるような感覚、腹部の痛み、痙攣、および過敏性腸症候群(IBS)における全症状などが挙げられます。


消化不良の原因は?


消化不良の症状はほとんどの場合、胃液の流れが食道にまで上がることによって引き起こされ、上腹部が焼けるような不快感をもたらし、横になるとさらに悪化します。胃液の逆流は、腹腔内の圧力を高める要因(過食、肥満など)がもたらす結果である可能性があり、それが胃の中のものの逆流を引き起こします。もしくは食道括約筋の緊張を低下させる要因(食道裂孔ヘルニア、コーヒーなど)が原因であることもあります。


消化不良に重要な食事要因は?


消化不良の一般的な食事要因は、食べ過ぎ、肥満、コーヒー、チョコレート、揚げ物、炭水飲料(ソフトドリンク)、アルコールなどがあります。


消化不良のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


炭酸カルシウムクエン酸カルシウムは、胸焼けの一時的な軽減のための制酸剤として使うことができます。推奨される用量は500~1,000 mgです。


アーティチョーク(Cynara scolymus)葉エキスは、消化剤および肝臓レメディとして長い歴史があります。非潰瘍性消化不良の治療ならびに他の機能性胃腸障害の治療によって、投与が有益である可能性があります。13~18のカフェオイルキナ酸を含むよう標準化されたエキスの用量、160~320 mgを1日3回、食事と一緒にお摂りください。


胃で分解されず、小腸および大腸にまで搬送されるよう腸溶性カプセルに入れられたペパーミントオイルカプセルは、消化不良を助けることができます。腸溶性カプセル中にペパーミントを含有する製剤は、消化不良に効果的であることが示されています。用量: 1~2カプセルを1日3回、食事の20分前にお摂りください。


DGL(ジグリチルリチンリコリス) は、腸の内層の治癒を促進するために有益な特殊なリコリス(甘草)エキスです。食道において胃酸の逆流が原因である顕著なむかつきがある場合には、食事の20分前に380 mgのDGLチュワブルタブレットを1~2粒噛んでお摂りください。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


消化の改善、および症状の減少などが改善が現れていることを明らかに示します。

関節の健康とは?


関節の健康とは、軟骨や腱、靭帯ような組織が、関節の機能における役割を実行する能力を反映しています。関節の組織と機能を守ることは、関節炎(関節の炎症)と闘う上で欠かせません。


変形性関節症(骨関節炎としても知られる)は、関節炎の中でも最も一般的な形態です。これは軟骨の変性によって生じます。軟骨は関節機能において重要な役割を果たしています。このゲル状の性質が衝撃吸収材として作用することにより、関節の接合部先端に保護を提供します。関節に軟骨がなくなると、文字通り骨と骨が擦れ合い痛みや変形、炎症、および関節の動きの制限につながるのです。

関節の不健康の原因は?


主な原因は、加齢による退化性の「摩耗」プロセスの組み合わせです。何十年も使っていると累積的な結果として、軟骨のコラーゲン基質にストレスを与えることで退行性の変化がもたらされます。軟骨にストレスがかかると、軟骨成分を破壊する酵素の放出が生じます。加齢に伴い、正常な軟骨組織を回復させ生成する能力は低下します。人が年を取るにつれてコラーゲンの復元ができなくなるのは、栄養要因に関係していることが多くあります。


果物や野菜は関節のダメージに対して保護できる天然植物性化合物のため、食事に豊富に取り入れることが関節の健康にとって重要です。特に有益な食品は、サクランボやブルーベリー、ブラックベリー、イチゴなどのようなフラボノイドが豊富な果物です。またニンニクや玉ねぎ、芽キャベツ、キャベツなど硫黄を含んでいる食品も重要です。関節炎患者の爪中の硫黄含有量は、関節炎を患っていない健康な対象者よりも低くなっています。


関節の健康のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg


OsteoMove は、最適なレベルのグルコサミン硫酸塩、コンドロイチン硫酸塩、MSM、および軟骨と結合組織にとって重要な栄養素を含む包括的な骨への特別栄養サポートを提供します。用量: 1日2タブレット


グルコサミン硫酸塩は 、軟骨における主要な組織成分であるグリコサミノグリカン(GAGs)として知られる関節分子の製造を刺激します。グルコサミン硫酸塩における30以上もの公表済臨床試験で、関節の健康を向上させるにあたり72~90%という全体的な成功率が実証されました。用量: 1日1,500 mg


MSM (メチルスルホニルメタン) はヒトの体内における硫黄の主要な形態です。硫黄は、軟骨や腱、靭帯の結合組織基質の安定化において機能する関節組織のために特に重要な栄養素です。臨床研究では、変形性関節症におけるMSMの利点が実証されています。用量: 1日あたり1,200~2,000 mg


天然の卵殻膜 (NEM) は、グルコサミン、コラーゲン、HAおよびその他の結合組織成分の供給源です。最近の研究では、痛みやこわばり、変形関節症やその他の関節の健康に関する問題による運動性の欠陥などに苦しむ人に対して、NEMが素早い救済をもたらすことが明らかになりました。ある臨床研究では、NEMを使い始めて30日で平均72%の痛みが軽減し、柔軟性が44%向上しました。副作用はありませんでした。用量: 毎日500 mg


関節組織におけるS-アデノシルメチオニン (SAMe)の欠乏は、軟骨のゲル状性質および衝撃吸収の資質が失われることにつながります。SAMeの補給は変形性関節症の治療に役立つと思われます。公表済みの臨床試験では、変形性関節症を持つ合計21,524人の患者が治療を受け、痛みや臨床的な症状の減少が注目されました。用量: 200~400 mgを1日2~3回


クルクミン は驚きの抗炎症作用を示しているウコンの黄色い色素です。Theracurminはクルクミンにおける生体利用性の高い形態で、二重盲検のプラセボ(偽薬)対照試験において、関節の健康を改善するのに有効であることが示されている唯一の形態です。対象患者は、1日180mg のクルクミンを提供するTheracurminまたはプラセボ(偽薬)のいずれかを毎日8週間服用しました。その結果、中度から重度の症状を持つ患者においてTheracurminグループの方はプラセボグループよりも著しく膝の痛みの程度が減少したことがわかりました。Theracurminはまたセレコキシブ(Celebrex)の使用も大幅に減少させました。用量: Theracurmin形態のクルクミンを1日180 mg


Celadrin® は炎症を抑えるエステル化された脂肪酸の全天然基質です。天然製品としてのCeladrin®が持つユニークな特質には、炎症を減らす能力が含まれています。クリーム状とカプセル状で利用可能なCeladrin®は、結果を生むことが臨床的に証明されています。Celadrin®のクリームは、必要に応じて患部に直接適用することができます。用量: 1日1,000 mg


松樹皮 および ブドウ種子エキス には、抗酸化剤として作用するだけでなく、軟骨、腱、靭帯の構造と整合性を強化することで関節の健康を向上させる有益なフラボノイドが含まれています。用量: 1日150~300 mg


アドバイスの効果が出ているかどうかを知る方法は?


関節の機能、運動性の改善、痛みや炎症の減少は、関節の健康に肯定的な効果が表れている兆候です。グルコサミン硫酸塩、MSM、および松樹脂エキスまたはブドウ種子エキスは、効き目が表れるまで2~4週間と少し長くかかりますが、軟骨やその他の関節組織の製造をサポートする上で非常に重要なので、その使用を見合わせてはいけません。Theracrumin、NEM、特にCeladrinは即効作用します。

肝臓の健康とは?


肝臓は体内で二番目に大きい器官(一番は皮膚)で、体内最大の腺です。全て一緒にすると500以上もの役割を果たしています。以下に挙げるのはその重要な機能のごく一部です:


  • 脂肪、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをより利用可能な形状に変換する役割に決定的に関わりがある。
  • 細胞膜化合物(リン脂質)およびコレステロールを含む重要な細胞祖構造成分を作る。またこのような化合物を体中に運ぶキャリアータンパク質(リポタンパク質)を製造するのも肝臓の仕事。
  • 免疫因子、血液凝固に関与するタンパク質、赤血球のためのヘモグロビンにおける重要な構成要素などを含む重要な血中タンパク質を多く産生する。
  • 余分なアミノ酸を、尿素と呼ばれる腎臓への血流に運ばれ尿中で排せつされる排泄物に分解します。
  • 鉄やビタミンB12などを含む多くのビタミン、ミネラルを保管します。
  • 古くなった赤血球を破壊しそのコンポーネントを再利用します。

肝臓はまた、毒素や過剰なホルモンを除去するために血液をろ過することにも責任を負っています。肝臓はこれらの毒素の化学構造を変化させ、尿中に排せつされるよう水溶性に変えます。肝臓はまた廃棄物を肝臓から運び出す胆汁も分泌しています。


肝臓の健康は何故重要か?


肝臓の健康はあなたの健康にとって非常に重要です。あなたの肝臓に過剰な負荷がかかっていると、より多くの体内エネルギーが解毒へと専念するため、エネルギーの値が低いことにに苦しまされるかもしれません。他の体内プロセスのためのエネルギーがあまり残されないからです。肝臓をサポートすることはエネルギー値を新たな高みに上げる手助けとなります。


肝臓の健康のために重要な食事要因は?


肝臓の健康を促進するためには、喫煙しない、アルコールは飲まない、または控えめにする、掃除用の溶剤や農薬のような有害な化学物質を避ける、など肝臓に過度のストレスをかけないようにしましょう。良好な肝機能をサポートするために最も重要な食事的ガイドラインは、一般的な健康をサポートするものでもあります。飽和脂肪、精糖、アルコールを避ける、1日少なくとも約1,400 mlの水を飲む、十分な野菜や豆類を消費し豊富な繊維や栄養成分を得る、などがあります。


食品の中には、様々な段階の解毒に関与するいくつもの酵素を生成および活性化させるために体が必要とする栄養素を含むため、特に有益とされる食品があります:


  • ニンニク、豆類、玉ねぎ、卵、その他硫黄を多く含む食品。
  • ナシ、オートブラン、リンゴ、豆類のような水溶性食物繊維の良質源
  • ブロッコリー、芽キャベツ、キャベツを初めとするキャベツ系の野菜
  • アーティチョーク、ビート、ニンジン、タンポポの若葉、またウコン、シナモン、甘草など多くのハーブやスパイス。
  • ウィートグラスジュース、乾燥大麦若葉ジュース、クロレラ、スピルリナなどのグリーン食品

肝臓の健康のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


Natural Factors社の肝臓ヘルスのフォーミュラは、毒素と結合してシステムから毒素を排除するよう肝臓によって作られる栄養物質であるグルクロンを含む肝臓をサポートする特別な栄養成分を提供します。さらにα-リポ酸、Silybin Phytosome®、リコリスエキス、その他にも肝臓の健康のための鍵となるサポートも含みます。あなたの体格のサイズと所望するサポートレベルに応じて、2カプセルを1日1~3回お摂りください。


代替品として次のような選択肢もあります:


α-リポ酸は、細胞エネルギーの産生(ATP)に関わる2つの重要なエネルギー産生反応に必要な補因子として重要な役割を果たす、硫黄含有ビタミンのような物質です。肝臓をフリーラジカルによるダメージから守り、解毒反応の促進にも役立ちます。予備的な臨床証拠では、肝臓の健康における大きな利点が示されています。用量: 1日400~600 mg。


Silybin Phytosome®は、ホスファチジルコリンに結合されたオオアザミの特殊エキスです。あるまとまった数の研究では、Silybin Phytosome®は普通のオオアザミエキスよりも吸収されやすく、より良い結果をもたらすことが示されています。Silybin Phytosome®は現在知られているものの中で最も強力な肝臓保護物質のひとつです。またダメージを受けた肝臓細胞に取って代わるための新しい肝臓細胞の形成も刺激します。用量: 毎日240~360 ml。


セラクミンは、ターメリックの黄色い色素であるクルクミンの特殊形状で、市販されるクルクミン製品の中で最も吸収されやすく肝臓の健康を促進する能力を有することが、二重盲検、プラセボ対照試験におって明らかにされています。用量: 毎日60~90 mg。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


肝臓の健康を監視するには血液検査を利用することができます。これらのテストでは血液中の肝細胞からの酵素濃度を測定します。肝臓に刺激や損傷がある場合、血液中の酵素は上昇します。

黄斑変性症とは?


黄斑は、画像が集中している網膜領域で、細かい画像を担当する目の一部分です。黄斑の加齢変性は、米国において50~55歳以上の高齢者における深刻な視力障害の主な原因です。


黄斑変性症を患う人は、まっすぐなものが歪んだり曲がったりしているように見える、視野の中心付近に暗点がある、読んでいる単語を見落とすことがある、などの視力障害を経験する可能性があります。黄斑変性症を患う人は、一般的に周辺はよく見えます。ただ丁度目の前にあるものがよく見えないのです。


黄斑変性症の原因とは?


黄斑変性症の主な危険因子は、喫煙、加齢、アテローム性動脈硬化症(動脈硬化)、高血圧です。どうも、変性は白内障を誘発するものと同じ種類のダメージ、フリーラジカルによるダメージによってもたらされるようです。しかし網膜への血液と酵素供給の減少が、黄斑変性症につながる前兆と重要な要因です。


黄斑変性症のために重要な食事要因とは?


果物や野菜を豊富に含む食事はARMD(加齢黄斑変性)へのリスクの低下に関連します。おそらく、この保護は抗酸化ビタミン、ミネラルの摂取が高まる結果です。しかしカロテンルテイン、ゼアキサンチン、リコピン、ビタミンC、ビタミンE、セレンのような必須ではない食品成分がフラボノイドと一緒になると、伝統的な栄養的抗酸化物質(ビタミンC、E、セレンなど)よりもARMDに対するより顕著な保護を提供します。黄斑、特に中央部分(窩)は、ルテインとゼアキサンチンの濃度からその色(黄色)を得ています。はっきりとした視力への責任を負う網膜領域の酸化ダメージを防ぐ機能を果たすこれらの黄色カロテンは、明らかに黄斑変性症の発症に対する保護において中心的な役割を果たしています。


これらカロテンにおける食物源には、緑の葉野菜、ブロッコリー、キャベツ、コラード、ケール、マスタードやカブの葉、赤ピーマン、リコピンのためのトマト、トウモロコシ、カボチャ、サツマイモ、人参などが含まれます。


黄斑変性症のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


ルテイン の補給は、ARMDの進行度を停止することができることが示されており、また視覚機能の著しい改善をもたらすことができます。用量: 1日15~20 mgを3か月続け、その後のメンテナンスとして1日5~6 mgの用量をお摂りください。


ビルベリーイチョウブドウ種子または松樹皮エキスは、目の構造に多大な保護を提供する強力な抗酸化フラボノイドが含まれています。黄斑変性症の治療におけるこれらのエキスを含むことが絶対必要です。用量: 1日240~320 mg。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


基本的な視力検査を受け、再検査をする前に最低6か月間プログラムに従うことをお勧めします。症状が悪化していない、または改善の兆しが見られれば成功していると言えます。

男性の性的活力とは?


勃起を得、それを維持するだけでなく、十分な生存能力のある精子を有する能力は、男性の性的活力における重要な側面です。50歳以上の男性は4人に1人が性的な活動をすることができません。多くの男性にとってさらにより感情的な痛みを伴うのは、男性側の生殖力がないために夫婦が子どもを持てないことです。米国では15歳~50歳の男性のうち生殖能力がない男性は6%程であると推定されています。その原因のほとんどは、異常な精子の数や質に反映します。卵を受精させるのは1つの精子ですが、男性は平均的な射精でおよそ2億もの精子を出します。しかし女性の生殖管の中にある自然なバリアのために、そこから約40ほどの精子しか卵付近に達することができません。射精時の精子の数と不妊との間には強い相関関係があるのです。


男性の性的活力に影響を与えるものとは?


男性の性的活力を低減させる要因には、動脈硬化(アテローム性動脈硬化症)、糖尿病、低テストステロン、および高血圧や抗うつ、アレルギー用の様々な処方薬の使用などがあります。陰茎動脈のアテローム性動脈硬化症は、50歳以上の男性の半数に見られる勃起不全(ED)の主な原因です。バイアグラやシアリスのような薬剤は、勃起組織への血流を人工的に高めるため、一時的に効果があります。しかし実際に効果的な長期的解決策は、食事や生活スタイル、適切なサプリメントを通して動脈の健康を改善することです。


精子の総数ならびに精子の質に影響を与える要因には、様々な環境、栄養、生活スタイル要因などがあります。


男性の性的活力ために重要な食事要因とは?


最適な性機能には最適な栄養素が必要です。特に野菜や果物、全粒穀物、豆類、ナッツ、種子といった自然食品豊富な食生活が非常に重要となります。心臓の健康にとって重要な要素もまた、男性の性的活力に非常の重要です。


男性の性的活力のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


亜鉛はおそらく、性的機能のために最も重要な微量ミネラルです。亜鉛は精液に濃縮されているため、頻繁な射精は体内の亜鉛保持量を大幅に減少させることがあります。亜鉛が欠乏すると、身体はこの重要な微量ミネラルを保持しようとして性的衝動を低減させる反応を示すようです。用量: 1日30~45 mg。


アルギニンは血管内の一酸化窒素の生成を増やし、勃起組織への血流を改善することができます。ある二重盲検研究では、L-アルギニンを服用していた患者の31%が性機能において有意な改善があったと報告しました。一方の対照被験者では、わずか11%でした。用量: 1日1,000~3,000 mg。


プロシアニドリックオリゴマーとして知られるフラボノイドを含む

ブドウ種子または松樹皮エキスは、勃起組織内の一酸化窒素の産生をアルギニン単独を服用するよりもさらに増強することによってアルギニンの利点を劇的に高めたことが、ある二重盲検研究において示されています。用量: 1日150~300 mg。


トンカットアリ または ロングジャック (Eurycoma longifolia Jack) は、男性の精力アップに東南アジアで伝統的に使用されています。いくつかの実験は、げっ歯類を使って行われましたが、性欲の少ないインポテンスのラットを使ったものでは、かなりの改善が見られました。興味深いことに、性的機能不全と男性不妊のための水抽出物は、マレーシア政府とマサチューセッツ工科大学が共同で特許を取得しています。唯一、公開された人体実験は、ランダムに選んだ14人の男性を対象にした試験で、1日あたり100 mgのロングジャック水溶性抽出物またはプラセボを飲んでもらいました。結果は、ロングジャックを取った人は、除脂肪体重の増加、体脂肪の減少、そして筋力とサイズの増加を示しました。.


ホーニーゴートウィード (Epimedium sp.) は、伝統的な漢方医学で男性の性的機能への利益があるとして長い間利用されてきました。実証研究は、シルデナフィル(バイアグラ)と同様の勃起組織内の酸化窒素の値を増加させるように作用するイカリインとして知られている物質を特定しています。ホーニーゴートウィードは、実際に中国医学での歴史的使用に基づき、バイアグラの米国特許の一部を取り消すために使用されました。残念ながら、ハーブの組み合わせの配合の一部としてそれを特色付ける小さな研究がいくつか行われていますが、男性の性的機能を促進する単独療法としては、ホーニーゴートウィードの臨床研究は、まだありません。


カルニチンは適切な精子形成に重要な化合物です。カルニチン値が低いということは、精子の発達、機能、運動性が大幅に低下しているという意味になります。食事にカルニチンを補給することは、男性の生殖能力を回復する上で有用であることが明らかにされています。カルニチンは精子が適切に形成、機能できるための精子内の適切なエネルギー産生に欠かせません。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


性的なパフォーマンスの改善

更年期障害とは?


更年期障害とは女性の月経が止まることを示します。通常は女性が50歳に到達する頃に起こりますが、早くて40歳遅くて55歳頃に発生することもあります。6~12ヶ月間月経がない状態が、閉経を診断するために一般的に受け入れられるルールです。


更年期障害における最も一般的な症状は、火照り、頭痛、膣炎、頻繁な尿路感染症、手足の冷え、物忘れ、集中力に欠ける、などがあります。


更年期障害の原因は?


更年期障害は、卵巣中の卵巣がなくなってしまったときに起こります。この卵巣の「消耗」が自然な事の起こりを反映するのです。生まれたときには、約100万程の卵(卵子)を有しています。これが思春期に約300,000~400,000まで減りますが、実際に生殖年の間に成熟するのはわずか400程です。女性が50歳にさしかかる頃には、ほんのいくつかの卵しか残っていません。閉経すると、活性な卵胞(卵の細胞筐体)がないのでエストロゲンとプロゲステロンの生産が減少します。エストロゲンのこの低下に応答するため、下垂体は卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の分泌を増加させるのです。


更年期障害のための重要な食事要因は?


更年期障害の症状を緩和するための重要な栄養的アドバイスは、植物性食品 (特に植物エストロゲンが高いもの)の量を増やし、動物性食品の量を減らした食事に気をつけることです。植物エストロゲンはエストロゲン受容体に結合することができる植物化合物で、もはや作られていないエストロゲンの効果の一部に取って代わることができます。植物エストロゲンが豊富な食品には、大豆や大豆食品、フラックスシード、ナッツ類、全粒穀物、リンゴ、フェンネル、セロリ、パセリ、アルファルファなどがあります。植物エストロゲンの豊富な摂取は、主に植物ベースの食事をする人々の文化圏では、火照りやその他の更年期症状がほとんど現れないという理由を説明すると考えられてます。食事からの植物エストロゲン摂取を増やすことは、火照りを減らし、膣細胞の成熟を高め、骨粗しょう症を阻害するのにも役立ちます。


更年期障害のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


マグネシウムは、血管の緊張を高める助けとなることができます。低マグネシウム値は、血管をホルモンの変化により敏感にすることで、火照りの発達に貢献すると考えられています。マグネシウムを補給することで、これらの血管がより安定し火照りをなくすことができます。用量: クエン酸形状を使用、150~250 mgを1日3回。


ブラックコホシュ(Cimicifuga racemosa)エキスは更年期障害の症状に対して最もよく調査された天然アプローチです。全てではないにしろ、ほとんどの研究において非常にポジティブな結果が示されています。例えばある研究では、80人の患者に対して12週間、ブラックコホシュエキス(2タブレットを1日2回、1日あたり4gの27-deoxyacteineを提供)、共役エストロゲン(1日0.625 mg)、プラセボ(偽薬)のいずれかが与えられました。その結果ブラックコホシュエキスが最良の結果をもたらしました。毎日の火照りを感じた回数は、ブラックコホシュのグループでは平均5回から1回に減りました。それに比べエストロゲンのグループでは、5回から3.5回に減っただけです。さらに印象的だったのは、膣の内層を構築する上でのブラックコホシュの効果でした。用量: 2gの27-deoxyacteineを提供するに十分なエキスを1日2回。


Promensil® - a レッドクローバー (Trifolium pratense) エキス - もまた更年期の症状を患う女性における予備的研究において有益な効果を示しており、ブラックコホシュの代替として使うことができます。レッドクローバーは植物性エストロゲンが非常に豊富で、大豆イソフラボンと似たような働きをします。Promensil® の用量は1日40~80 mg。


Natural Factors社が提供しているEstoSenseは、エストロゲンと外因性エストロゲンの毒性作用を減らすようにデザインされた特殊なフォーミュラで、ブラックコホシュだけでは反応が得られない女性の一部に役立つことがあります。2カプセルを1日2回お摂りください。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


更年期の症状の減少。

片頭痛とは?


片頭痛は、頭の片側に感じる鋭いドクドクとした痛みが特徴的な血管型の頭痛です。片頭痛の痛みは、疼くようなずきずきとしたする痛みを特徴とします。典型的には頭の片側だけに痛みを感じます。片頭痛の中には何の前触れもなく突然やってくるものもありますが、多くの場合は痛みが発症する前の警告症状(「オーラ」)があります。一般的なオーラとしては、視力がぼやける、視界に眩しい点が見える、不安、疲労、邪魔な思考、身体の片側がチクチクと痺れる、などがありこれが数分間続きます。


片頭痛の原因は?


かなりの数の証拠が、血管の不安定性と片頭痛との間にある関連付けを後押ししています。片頭痛のメカニズムは3段階で表すことができます: 開始、前駆症状(開始から頭痛が現れるまでの時間)、頭痛です。特定の発症の開始には特定のストレッサーが関連することがありますが、開始は時を経ていくつかのストレッサーの蓄積に依存しているようです。これらのストレッサーは最終的にセロトニン代謝に影響を与えます。感受性(または閾値)の臨界点に達すると、「カスケード現象」が始まり、最終的に頭痛をもたらすドミノのような効果を設定します。食物アレルギー、ヒスタミン放出食品、アルコール(特に赤ワイン)、ストレス、ホルモンの変化(月経、排卵、避妊ピルなど)、天候の変化、とくに気圧の変化は、一般的に片頭痛を誘発する原因の例です。


片頭痛のために重要な食事要因とは?


食物アレルギーまたは食物過敏症は片頭痛において主要な鍵を握っていることがあります。多くの二重盲検、プラセボ対照研究では、食物アレルギーを見つけ出して取り除くことが患者の大部分の頭痛の症状をなくした、または大幅に減らしたことが実証されています。食物アレルギー/不耐性は、主にセロトニンやヒスタミンを放出する血小板が原因で片頭痛を誘発します。またヒスタミンやチラミン、または他の化合物を含む熟成チーズ、ビール、缶詰のイチジク、鶏レバー、チョコレート、食品添加物、塩辛、ソラマメの殻、ワイン、ビール酵母のような食品も、血管が拡大されることによって敏感な人には片頭痛が現れることがあります。赤ワインは白ワインよりもより高いフェノール値を含み20~200倍のヒスタミンを含むため、白ワインよりも頭痛を引き起こしやすいです。


詳しくは「食物アレルギー」の項目を参照してください。


片頭痛のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)は、薬剤を用いた療法と同じくらい有効であることが示されている上、より安全です。5-HTPはセロトニンのための直接構成成分です。片頭痛患者は、彼らの組織内のセロトニン値が低いので、研究者たちは片頭痛を「低セロトニン症候群」と呼ぶことがあります。低セロトニン値は慢性的な頭痛を患う患者の痛みの閾値の低下につながると考えられています。この論点は、セロトニン前駆体5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)を使った二重盲検におけるポジティブな結果を含む35年分もの研究によって強く後押しされています。推奨される用量は、成人は1日50~100 mg、子どもは体重1 kgあたり5 mg。


リボフラビン の補給は、片頭痛の予防に印象的な結果を示しています。片頭痛の原因を説明するために使われるひとつの理論として、頭部の血管におけるエネルギー産生ユニット細胞(ミトコンドリア)内のエネルギー産生が減少して頭痛が起こるというものがります。したがってビタミンB2(リボフラビン)は細胞のエネルギー産生を増加させる潜在的能力を有するので、片頭痛に対する予防効果を有する可能性があります。リボフラビン(1日400 mg)を使った二重盲検研究では、少なくとも50%の改善が見られた患者の割合は、プラセボ(偽薬)で15%、リボフラビンで59%でした。リボフラビン療法に起因する副作用は認められませんでした。


マグネシウムの不足も頭痛の多くのケースで重要な鍵を握っています。何人もの研究者が、低マグネシウム値と片頭痛、緊張性頭痛の間に実質的な関連があることを実証しています。マグネシウムの不足は片頭痛の発症または緊張性頭痛を引き起こす可能性のある結果への段階を設定することが知られています。片頭痛を持つ患者には脳や組織のマグネシウム濃度が低いことが見出されています。これはマグネシウムが持つ重要な機能のひとつは血管の緊張を保ち神経細胞の興奮性を防止することなので、マグネシウムの補給が必要とされていることを示します。マグネシムの補給は片頭痛の予防にかなり有効であると考えられます。推奨される用量は、150~250 mgを1日3回。下剤効果を生じがちな硫酸マグネシウム、水酸化マグネシウム、酸化マグネシウムよりも、クエン酸、リンゴ酸、またはアスパラギンに結合したマグネシウムの方がより吸収されやすく、より良好に許容されます。


フキ植物(Petasites hybridus)由来の標準化エキスであるPetadolex®は、いくつかの二重盲検研究で示されています。ある研究では、オーラがあったりなかったりする頭痛に悩む60人の患者に12週間、不特定に50 mgのPetadolex®を1日2回、またはプラセボ(偽薬)を与えました。基準値に比べ、Petadolex®は治療4週間後の発症頻度を46%、8週間後で60%、12週間後で50%にまで減らしました(対するプラセボグループは、それぞれ24%、17%、10%でした)。


ショウガ(Zingiber officinalis) は片頭痛の予防に有効であることが報告されています。ショウガに関する最良の形状および適切な用量に関しては、まだまだ多くの疑問が残っています。新鮮なショウガ(用量はおよそ1日10 g)、ジンゲロールとショウガオールを20%含むよう標準化されたジンジャーエキス(用量は100~200 mgを1日3回)が最も有効的だと考えられます。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


片頭痛の頻度が少なくなる、痛みが減少するなどの改善が見られればプログラムは成功です。

気分とは?


気分とは私たちの感じ方です。最も一般的な心気分障害はうつ病で、以下のような症状に関連付けられています:


  1. 食欲不振に伴う体重の減少、または食欲増進による体重の増加
  2. 不眠症または過度な睡眠習慣(過眠症)
  3. 異常に活発すぎる、または不活発すぎる
  4. 通常の活動に対する興味や喜びの喪失、または性的欲求の減少
  5. エネルギーの喪失; 疲労感
  6. 無価値な感覚、自己避難、不穏当な罪悪感
  7. 思考力、集中力の低下
  8. 死や自殺について繰り返し考える

これら8つの症状のうち5つ当てはまるものがあれば臨床的うつ病を指し示し、当てはまるものが4つある人はうつ状態であるといえるでしょう。症状が少なくとも1ヶ月続いて初めて臨床的うつ病と呼ばれます。詳細が知りたい方は、適切な医療プロバイダーに相談してください


気分障害の原因とは?


私たちの気分は、心理的要因と生理的要因が相互作用する結果です。つまり私たちがどう感じるかを決定するのは、内向けの姿勢(例: 習慣的な思考、独り言、楽観できる度合いなど)と様々な物理的要因(例: 栄養状態、ホルモン、痛みや炎症の度合いなど)がもたらすものなのです。ストレスや睡眠の質がよくないことも、気分に影響を与えることがよくある大きな要因です。また多くの薬物(処方箋、違法薬、アルコール、カフェイン、ニコチンなど)も気分に影響を与えることがあります。


前向きな気分をサポートするために重要な食事要因は?


何かひとつの栄養素の不足、その中でも特にビタミンB12、葉酸、他のビタミンB群、オメガ-3脂肪酸の不足は脳を変化させ、落ち込んだ気分や不安、およびその他の精神障害につながります。また脳は正常に機能するために一定の血糖の供給を必要とするので、低血糖症(て低血糖)は回避しなければなりません。低血糖症の症状は軽度から重度まで幅広く、うつ病、不安、神経過敏、その他の心理的障害(疲労、頭痛、視界がぼやける、過度の発汗、精神攪乱)などがあります。単純に精製炭水化物とカフェイン(低血糖症を悪化させることがある)を食生活から排除することが、時として低血糖症に苦しむ多くの被験者の気分を向上させるのに必要なこと全てであることがあります。


気分を高めるために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


フィッシュオイル は、私たちの気分を含むいかなる脳組織をもサポートする上で特に重要です。長鎖オメガ-3脂肪酸であるエイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)は脳細胞膜の健康に欠かせません。EPAおよびDHAのレベルが低いと、脳細胞の構造と機能の変化につながり、気分や行動に影響を与えることがあります。用量: EPA+DHA 3,000 mg


5-Hydroxytryptophan (5-HTP) はアフリカ植物(Griffonia simplicifolia)の種子から抽出され、私たちの気分を調節する鍵となる脳化学物質セロトニンの直接的な前駆体です。セロトニンのレベルを増加させるのに加え、5-HTPはエンドルフィンや私たちの気分を高めるその他の神経伝達物質レベルの増加も引き起こします。この気分上昇効果は数多くの二重盲検研究において確認されています。典型的な推奨用量は50~100 mgを1日3回です(食前に摂るのが最適。胃腸の調子を悪くしないよう、「腸溶性コーティング」された製品を使用するのが好ましい)。


セント・ジョーンズ・ワートエキス (セイヨウオトギリソウ) は今、天然な気分上昇成分としてよく知られています。セント・ジョーンズ・ワートエキスの用量(0.3 %ヒペリシン含有)は1日900~1,800 mgです。セント・ジョーンズ・ワートエキスは肝臓および腸内において特定の薬剤を解毒する酵素を活性化させるので、シクロスポリン、インジナビル、経口避妊薬、およびワルファニン(Coumadin®)のような抗凝固薬剤のような薬剤を使用している場合には、医師の相談なくセント・ジョーンズ・ワートエキスを使用してはいけません。


S-アデノシルメチオニン (SAMe) は、セロトニンやその他の神経伝達物質を含む脳の化合物の多くの製造にあたって利用されています。公表された臨床検査によって、SAMeの補給は気分を高めるのに役立つことが示されています。用量: 200~400 mg を1日3回


アドバイスの効果が出ているのかどうかを知る方法は?


気分に関連する感情はほとんが主観的なものです。上に述べたような天然製品は気分を高める効果を発揮するまでに2~6週間と少し時間がかかります。最初の改善点のして多くの人が指摘しているのは、睡眠の質がよくなったということです。

前立腺の健康とは?


前立腺はクルミほどの大きさのドーナッツのような形をした腺で、膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むかたちで存在します。前立腺は、精子の運動性を高め、感染を防ぐために尿度を潤滑させる薄くて乳白色をしたアルカリ性の流体を分泌します。


前立腺に影響を与える主な症状は2つあります。ひとつは前立腺肥大。良性前立腺過形成(BPH)と呼ばれることもあります。ほとんど全ての男性が、長く生きていると前立腺の肥大を経験することがあります。BPHは癌ではなく、命を脅かすものではありません。もうひとつの症状である前立腺癌の方は、はるかに深刻です。BPHが起こすのと似たような症状を引き起こすことがありますが、前立腺癌の場合には他の体の部位に広がることがあり致命的になる可能性もあります。前立腺癌は、男性における癌による死亡原因の第2位です(第1位は飛び抜けて肺癌です)。


BPHまたは早期前立腺癌いずれかの症状は、膀胱の障害が原因になっているものです。例えば尿の回数が増す、夜間にトイレに行く回数が増す、尿の勢いや流速が落ちるなどの症状があります。


警告:前立腺の障害は医者によって診断してもらうしかありません。自己診断で解決しようとしないでください。BHPまたは前立腺癌に関連するような症状を経験したら、適切な診断が得られるようすぐに医師に相談してください。


前立腺の健康を決定付けるのは?


前立腺が健康でないという問題の多くは、加齢に伴うホルモンの変化が主な原因です。これには歳を老いた男性内の男性ホルモン(アンドロゲン)、女性ホルモン(エストロゲン)、下垂体ホルモンの値における多くの変化が含まれます。このような変化が最大に影響を与えるのは、前立腺内のテストステロン濃度が高くなり、このテストステロンのジヒドロテストステロン(DHT)として知られるさらに強力なフォームへの変換が増えることです。テストステロンとDHT値の増加は、テストステロンをDHTに変換する酵素5-α-レダクターゼの活性における増加と組み合わされた除去の速度を低下するところに大きな原因があります。


前立腺の健康に重要な食事要因は?


前立腺の健康において、食生活は重要な役割を果たしているようです。豆類、野菜、ナッツ類、種子類を中心とした自然食品が豊富な食事が推奨されます。前立腺の健康を改善するためには、生のヒマワリの種、カボチャの種、フラックスシードを1/4カップ食べることがしばしば推奨されています。またトマトやホウレン草、ケール、マンゴー、ブロッコリー、ベリー類などのようなリコピンが豊富な野菜を毎日摂取することで、前立腺の健康を促進することができます。テストステロンが代謝され身体から除去される過程に悪影響を及ぼすアルコール(特にビール)、カフェイン、砂糖の摂取を控えることも重要です。


前立腺の健康のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 2,000-5,000 IU/1日あたり; フィッシュオイル, EPA+DHA 1,000 to 3,000 mg/一日あたり。これらのサプリメントは健康な前立腺のための一般的な栄養サポートをうまく提供します。特に、十分な量の 亜鉛 (一日あたり20-30 mg)、 EPA+DHAビタミンD を摂取することが重要になります。


Androsense T-Correct は、健康なホルモンのバランスの維持をサポートをするために男性に重要な栄養サポートを提供するべく特別に処方されています。主に、適切な解毒や男性のホルモンバランスを壊す可能性のある過剰なエストロゲン、および環境毒素の排除を促進することによってサポートを成し遂げます。フォーミュラにはジインドリルメタン(DIM)、インドール-3-カルビノール(I3C)、スルフォラファン、カルシウム-d-グルカル酸(CDG)、また男性女性の両方における健康なエストロゲン代謝をサポートするキャベツ系の野菜に見られる栄養素の濃縮物などが含まれています。またエストロゲンの解毒を強化し、男性器系の臓器に重要な保護を提供する他のサポート物質も幅広く提供します。用量: 1~2カプセルを1日2回


リコピン は、トマト、パパイヤ、ピンクグレープフルーツ、グアバ、スイカなどに見られる赤いカロテンです。ハーバード大学の研究者は、様々な種類のカロテンのうち唯一リコピンだけが前立腺の健康に明らかな関連があることを数年前に発見しました。用量: 1日5~15 mgのリコピン


ノコギリヤシ(ソーパルメット)エキス には、前立腺の健康を維持するための漢方的なアプローチとして最もよく記されている利点があります。用量: 85~90%の脂肪酸およびステロイドを含むよう標準化された臨床的に実証済みのエキスを1日320~640 mg


花粉からの抽出物であるセルニルトン(Cernilton)は、前立腺の健康促進のためにヨーロッパで35年以上も前から使われており、その効果は二重盲検臨床試験で実証されています。用量: 63~126 mg を1日2~3回


緑茶 には前立腺の健康を促進する上で著しい効果を発揮するポリフェノールが含まれています。研究では、日本での前立腺の健康はより良好で、それはある程度、日本の男性は一般的に1日におよそ3杯の緑茶を飲むからという理由が示唆されています。この1日3杯の緑茶で、日本人男性は3gの可溶性成分を消費していることになり、それは1日におよそ240~320 mgのポリフェノールをもたらしています。用量: 総ポリフェノール含有80%に表示んかされた緑茶エキスを300~400 mg


アドバイスの効果が出ているのかどうかを知る方法は?


前立腺の健康が改善されたかどうかは、たいてい年老いた前立腺の症状が少ないことに関連してきます。夜中に起きてトイレに行く回数が減ることは、改善から見える最初の兆候です。 その後尿意の切迫感が減り、尿の勢いや流速が増すでしょう。

睡眠の質とは?


睡眠の質は、入眠のしやすさ、より深いレベルの睡眠に費やされるのに十分な時間ならびにREM(レム睡眠)、適切な総睡眠時間の組み合わせを指したものです。


睡眠の質に影響を与えるものとは?


睡眠の質における最大の課題は不眠症です。不眠症には2つの基本形があります。入眠障害不眠症では、眠りにつくまでかなり時間がかかります。睡眠持続障害不眠症では、頻繁にまたは早朝に目が覚めます。


不眠症の最も一般的な原因は、抗うつ、不安、緊張などのような心理的なものです。心理的要因が原因ではなさそうだという場合には、様々な食べ物、飲み物、または薬などが原因である可能性もあります。正常な睡眠を妨げることのある食べ物や飲み物(特にカフェイン)は数多くあります。また正常な睡眠を妨げる薬剤も実に300以上存在します。


睡眠の質のために重要な食事要因とは?


重要な食事因子は次の通りです:


  • カフェインを摂らないようにしましょう。カフェインや関連化合物のような刺激物を含まない食事が必須です。カフェイン抜きのコーヒーや紅茶に見られるような少量のカフェインでも人によっては不眠症を引き起こすのに十分な量であることがあります。
  • アルコールの摂取を控えましょう。アルコールはアドレナリンの放出を引き起こし、セロトニン(睡眠を開始する重要な能な化学物質)を破壊します。
  • 砂糖、および高血糖インデックスを含む食品を避けましょう。砂糖や炭水化物が多く含まれる食事、また不規則な食事は障害のある血糖コントロールを引き起こす可能性があり、夜間のアドレナリンやコルチゾールの放出につながります。
  • 七面鳥、ミルク、カッテージチーズ、鶏肉、卵、ナッツ類、特にアーモンドなどのアミノ酸トリプトファンを多く含む食品は、睡眠を促進するのに役立つことがあります。脳において、トリプトファンは自然な睡眠誘発化合物であるセロトニンとメラトニンに変換されます。

睡眠の質のために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


B12メチルコバラミンは、睡眠覚醒障害という症状を患う人々の一部を助けることが示されています。この障害は日中に過度の眠気がある、夜眠れない、夜間頻繁に目を覚ますなどの特徴があります。これはシフト労働者と高齢者には非常に一般的です。睡眠覚醒障害を持つ人では、メチルコバラミンの服用がしばしば睡眠の質の改善、日中の覚醒および集中力の向上、気分の向上などにつながります。利点の多くはメチルコバラミンがメラトニンの分泌に影響を与える結果であるようです。用量: 3~5 mgのメチルコバラミンを起床直後に。


マグネシウム は、鎮静効果を生み出し、ストレスを軽減し、全体的なリラクゼーションと安らかな睡眠を促します。用量: 250 mgを睡眠時に。


5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)は、脳内でセロトニン(睡眠の開始に重要な成分)に変換されます。5-HTPはまた数々おいて、の二重盲検臨床試験に入眠に必要な時間を減らし何度も目覚める回数を減らすことが報告されています。トリプトファンは現在処方薬としてのみ利用可能なため、5-HTPは明らかな代替となることができます。5-HTP鎮静効果は、就寝時間近くに果物やフルーツジュースのような炭水化物源と一緒に摂ることによって高められます。推奨用量は50~100 mgです。


L-テアニンはサプリメントとして利用できる緑茶中に見られる鎮静アミノ酸です。臨床研究では、L-テアニンが穏やかな感覚を誘導し睡眠の質を著しく改善することを示しています。子どもにも安全です。用量: 1日200 mgを2回、または400 mgを就寝時に。


バレリアン (Valeriana officinalis)は最も人気の高いハーブの鎮静剤です。いくつもの二重盲検臨床試験が、睡眠の質を改善するバレリアンの能力を実証しています。バレリアンの利点は、日中の眠気、集中力の低下、身体能力の障害などを引き起こさないことです。用量: 標準化されたバレリアンエキス(0.8%バレリン酸含有)、150~300 mg を就寝前に。


PGXは血糖コントロールを改善することができる革新的な食物繊維基質です。血糖値を安定化させることにより、PGX®は血糖値の変動による夜間の覚醒を減らすことができます。PGX®は、顆粒、カプセル、飲料ミックスまたは食事代替など、様々な形状で利用可能です。用量: 2.5~5 g を就寝前に。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


プログラムの効果が出ているのかどうかにおける実際に重要な要素は、日中のエネルギー値です。

ストレスとは?


ストレスは、「ストレス反応」を誘発させる可能性のあるいかなる騒乱(例: 熱や寒さ、化学的な毒素、微生物、物理的外傷、強い感情的な反応など)と定義されています。ストレス反応は3段階で構成されています: 警告期、抵抗期、疲憊期です。これらの段階は主に副腎によって制御、統制されています。ストレスが極度の状態や異常な状態になったり長く続いたりすると、ストレス反応の手に負えなくなり事実上いかなる体組織にとっても非常に有害となります。


ストレスの原因は?


ストレスは生活の一部です。ストレス研究における父、セリエ博士によるとストレス自体はネガティブの背景において見られるべきではないと言います。反応を決定付けるのはストレッサ―(ストレス要因)ではありません。反応を誘発させる個人の内部反応なのです。この内部反応は個人によって大きく異なります。ある人にとってはストレスと感じることが、他の人には全く違って捉えられることがあります。


ストレスに重要な食事要因とは?


ストレスを抱える多くの人の主犯格のひとつはカフェインです。平均的な米国人は1日に150~225 mgのカフェインまたはおおよそコーヒー2杯に対するカフェイン量を消費しています。ほとんどの人はこの量を問題なく摂取できますが、ストレスや不安を感じやすい人はカフェインに特に敏感になる傾向があります。ストレスを抱えているときには、カフェインを控えめするか全く摂らないようにすることが重要です。さらに身体のストレス反応をサポートするための非常に重要なガイドラインは次のとおりです:


  • アルコールの摂取をなくす、または制限する
  • 食事による精製炭水化物(特に白糖および薄力粉)を摂らない
  • 自然食品を中心に食することでナトリウムに対するカリウムの摂取量比を増やす
  • リラックスできる環境で、規則的な時間の食事に心がける

ストレスのために摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメントハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 2,000-5,000 IU/day; フィッシュオイル、 EPA+DHA 1,000 to 3,000 mg/1日あたり


ビタミンB群, C, 亜鉛, マグネシウム は身体がストレスに対処する上で重要な鍵となる栄養素です。用量: ハイポテンシーマルチプル中で少なくとも1日の推奨用量(RDI)が提供される必要があります。


マグネシウム は、多くの対ストレスおよび沈静効果を発揮しています。用量: 就寝前に150~250 mgの(クエン酸)マグネシウム


フィッシュオイル 濃縮は、EPAとDHAが含まれていますが、ストレスと闘う人にとってポジティブな効果を有することが示されています。用量: 3000 mg のEPA+DHA


副腎サポートのためのハーブ。副腎の機能をサポートするハーブ製品はいくつもあります。その中でも最も注目すべきは、チャイニーズジンセン(Panax ginseng)、シベリアジンセン(Eleutherococcus senticosus)、ロディオラ(Rhodiola rosacea)、アシュワガンダ(Withania somnifera)です。これらの植物は全て、副腎機能において有益な効果を発揮しストレスへの耐性を向上します。ストレスに対する適応を助けるため、しばしば「アダプトゲン(適応促進薬)」と呼ばれます。これらの植物は歴史的に、以下のように使われています:


  • 衰弱した、または薄弱な個人の活力を回復する。
  • 活力に満ちた感情を高める。
  • 精神的および身体的な能力を向上する。
  • ストレスのネガティブ効果を阻止し身体のストレスに対する反応を高める。 これらのハーブは単独で、または組み合わせても使えます。用法: ラベルの指示に従ってください。注意: 時によってはフォーミュラを組み合わせると最善の成果を出すようです(例: Natural Factors社のセレニティフォーミュラ)

Sensoril は特許取得済みのWithania somnifera (アシュワガンダ) のエキスで、ストレスの緩和および抗不安効果を有することが明らかにされています。エネルギー値を高め疲労を軽減すると同時にリラックス効果をももたらすことは特別に記すに値します。用法: 125~250 mgを1日2回


PharmaGABA は、重要な脳内化学物質であるGABAの天然フォームです。Pharma GABAの補充は落ち着いた気分を促すことが示されていますが、それよりも精神的な集中力と明瞭さを促すことも示されています。即効のストレス撃退として素晴らしい効果を発揮し、毎日の使用で睡眠の質も改善します。研究では、Pharma GABAは服用後5分以内に脳波が落ち着いた感情への変化するのを促すことができると明らかにしています。用量: 100~200 mgを1日上限3回まで


L-テアニンは、GABAと同じくリラックスを促すアミノ酸です。これは緑茶の中に見られる成分で、サプリメントとしても利用可能です。臨床研究ではまた、L-テアニンは穏やかな間隔を優しく誘導し、睡眠の質を高めることが示されています。子供にも適しています。用量: 100~200 mgを1日3回


自然な睡眠補助。睡眠の質を高めるのに役立つ効果的な天然製品が数多くあります。もし必要な場合には、私はNatural Factors社のTranquil Sleepを試してみることをお勧めします。このフォーミュラはメラトニン(3 mg)、5-HTP (30 mg)、L-テアニン(200 mg)の組み合わせを、美味しいチュワブル(噛める)タブレットかソフトゼラチンのカプセルにて提供しています。この3つの成分は共に働き、眠りに就く時間を短くして夜間の目覚めを減らします。用量: 就寝前に2タブレットまたは2カプセル


PGX は血糖値の安定化を助ける食物繊維です。ストレスや悩み事で夜眠れないという人にとっては、血糖抑制に障害があることが重要な原因であることがあります。アドレナリンやコルチゾールなどのホルモン放出を引き起こすからです。これらの化合物は脳を刺激しストレスの感情を生じさせます。用量: 食事前にPGX顆粒を2.5~5 g


アドバイスの効果が出ているかどうかを知る方法は?


エネルギーが高まり落ち着いた感情が増えてくれば、ストレスが効果的に対処されているという明確なサインです。

耳鳴りとは?


耳鳴りは、ピー、キーン、ジー、ゴォーなどといった一定の音が聞こえることです。米国では何百万人という人が経験している通り、耳鳴りは非常に一般的です。重度の耳鳴りを患う人は、難聴を感じたり、仕事や睡眠にも支障をきたすことがあります。


耳鳴りの原因は?


耳鳴りの原因には、聴力低下、騒音への露出、薬剤(特にバリウム型薬剤[ベンゾジアゼピン]ならびにアスピリンやイブプロフェンなどのような非ステロイド性抗炎症薬)などがあります。また、耳鳴りはアレルギーや高血圧、低血圧、腫瘍、および心臓や血管、顎、首などの問題のような他の健康問題による症状であることもあります。


耳鳴りのために重要な食事要因は?


耳鳴りは血管の健康とつながりがあることがあるため、心臓と血管の健康を促進するための食事的な勧告に従うのが適切です:


  • フラックスオイル、クルミ、冷水魚などを食べることによってオメガ-3オイルの摂取を増やしましょう。
  • アーモンド、ブラジルナッツ、ココナッツ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、ピーカン、松の実、ピスタチオ、ゴマ、ヒマワリの種を含むナッツ類や種子をより多く食べ、調理にはオリーブオイルやアボカド、またはキャノーラ油のような一価不飽和油を使用して一価不飽和脂肪の摂取量を増やしましょう。
  • 毎日、特に緑、オレンジ、黄色の野菜、濃い色のベリー類、柑橘系果物を中心とした野菜や果物の組み合わせを5皿以上食べるようにしましょう。カロテンやフラボノイド、セレン、ビタミンE、ビタミンCのような植物性食品に含まれる抗酸化化合物は、アテローム性動脈硬化症の発達に対して重要な保護をもたらします。
  • 繊維の摂取量を増やしましょう。繊維を多く含む食事は アテローム性動脈硬化症に対して保護的であることが示されています。豆類、果物、野菜などに見られる水溶性食物繊維は特にコレステロール値を下げるのに効果的です。
  • 精製炭水化物(精糖や精製穀物など)の摂取量を制限しましょう。糖および他の精製炭水化物は、アテローム性動脈硬化症、炎症、およびインスリン抵抗性の発症における主要な要因です。

耳鳴りに重要な栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


ブドウ種子または松の樹皮エキスには、血管に大きな価値のある組み合わせを産生するフラボノイドが含まれています。体内のどの組織にも必要なサポートを提供します。用量: 1日150~300 mg。


マグネシウムの補給は、耳鳴りにおけるいくつかのケース(特に外傷に関連したケース)に役立つことが示されています。用量: 150~250 mgのマグネシウムを1日3回。酸化マグネシウムよりも、クエン酸、アスパラギン酸、リンゴ酸に結合したマグネシウムの方が吸収されやすいのでより望ましいです。


亜鉛の補給は、耳鳴りにおける多くのケースで一般的に発生する亜鉛の欠乏が見られる患者の耳鳴りを緩和または排除することができます。


イチョウの葉エキスはいくつかの二重盲検研究においてその有用性が示されています。耳鳴りが最近発症したという人は、3年以上耳鳴りを患っている人よりもイチョウの葉エキスに反応しやすいようです。用量: 1日240~320 mg。


ビタミンB12のメチルコバラミン形状は、耳鳴りを患う患者のほぼ半数がB12が不足していることをほぼ示唆します。ビタミンB12の値が低い人の多くは、ビタミンB12のメチルコバラミン形状を与えられたとき耳鳴りが完全に解決されたと感じています。用量: 1日3~5 mgを1ヶ月。その後メンテナンス用量として1日1 mg(1,000 mcg)。


メラトニンは、二重盲検研究において耳鳴りに非常に有用であることが示されています。ほとんどの人に利益が見られましたが、メラトニンは特に長期間騒音にさらされた両方の耳の重度な耳鳴りを患う男性に特に効果的でした。研究者たちは、メラトニンが耳鳴りに役立っていると思われる理由のひとつとして睡眠の質を改善するからだと考えています。耳鳴りはしばしば処方された睡眠薬の副作用であるので、これは興味深い作用メカニズムです。用法: 3 mgを就寝時に。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


一貫性および持続性の改善。

潰瘍の原因は?


胃潰瘍と十二指腸潰瘍は発生する場所は違いますが、同様のメカニズムによってもたらされる結果であるようです。具体的に説明すると、胃潰瘍または十二指腸潰瘍の発達は、多すぎる胃酸、細菌ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)、および非ステロイド抗炎症薬剤やプレドニゾンなどのような胃や十二指腸に並ぶ保護因子にダメージを与える要因の結果です。


潰瘍に重要な食事因子とは?


食物アレルギーは、胃潰瘍または十二指腸潰瘍の多くのケースにおける主な要因であると思われます。食物アレルギー源を排除した食事は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療および再発の予防に使われ大きな成功を示しています。牛乳や乳製品を避けることは特に必要です。牛乳は最も一般的な食物アレルギー源のひとつで、集団調査では牛乳の消費量が大きいほど胃潰瘍または十二指腸潰瘍になりやすいことが示されています。牛乳と同じくらいコーヒーも胃酸の産生を大幅に増加させます。胃潰瘍または十二指腸潰瘍を患っている人は、どちらも避けるべきです。


繊維を多く含む食事は、繊維の少ない食事に比べて長期の胃の酸性度を低下させることにより胃潰瘍または十二指腸潰瘍の減少率と関連しています。繊維の補給(ペクチン、グアーガム、オートブラン、オオバコ)も有益な効果をもたらすことが示されています。


また生のキャベツジュースは胃潰瘍または十二指腸潰瘍の治療において目を張るべき成功を収めたことが記述されています。ある研究では1日1リットルの生キャベツジュースを分割して飲むことで、胃潰瘍または十二指腸潰瘍が平均10日程度で治癒される結果となりました。その有益な効果は、小腸の表面にある細胞が再生するために必要なアミノ酸グルタミンに起因すると考えられています。ブロッコリーや芽キャベツもキャベツと同じ仲間で、これらの食品には身体がヘリコバクター・ピロリ菌を取り除く手助けにおいて有効的とされる化合物、スルフォラファンが豊富に含まれているため、定期的な摂取は胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発を防止するのに役立ちます。ピロリ菌はほとんどの消化性潰瘍への責任があり、人が胃がんになるリスクを3~6倍に増加させ、また胃炎、食道炎、胃酸過多などを含むその他幅広い胃に関する障害において原因因子であることがあります。


潰瘍のために重要な栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


DGL(ジグリチルリチンリコリス) は腸の内層の治癒を促すのに効果的な特殊リコリスエキスです。リコリスは消化性潰瘍における優れた薬であると昔から考えられています。しかしリコリス化合物グリチルレチン酸の副作用(ケースによっては血圧の上昇を引き起こす)のため、リコリスからこの化合物を取り除いてジグリチルリチンリコリス(DGL)を形成するための手順が開発されました。長年にわたる数々の研究で、DGLが腸の治癒を促進する有効的な対策であることが確認されています。提案されたDGLのメカニズムは、胃や十二指腸の内層を保護する(粘膜を産生する細胞数を増やすなど)保護因子をDGLが刺激する、または加速させる、またはその両方であると考えられます。


亜鉛カルノシンは、他の亜鉛に比べて遅い速度でミネラルを放出するのでより長い機会をもって胃の治癒を促進することができます。亜鉛カルノシンは健康な粘膜内層を維持し、消化器系中のバクテリアバランスをサポートします。ヒトにおける臨床研究では、消化不良や潰瘍につながりのあるバクテリア(ヘリコバクター・ピロリ)を拮抗する能力が実証されました。用量: 75~150 mgを1日2回。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


潰瘍の特徴的な症状が改善されることが成功を測る最良の手段です。DGLを使った研究では、ほとんどの被験者が最初の2週間以内に改善を報告しています。

静脈の健康とは?


静脈はかなり虚弱な構造です。静脈の壁に欠陥があると、静脈の拡張につながり弁に損傷を与えます。通常これらの弁は血液の逆流を防ぎますが、弁が破損すると血液がたまり静脈瘤として知られるような静脈の膨張を引き起こします。静脈瘤には症状がないこともあれば、疲労や痛み、不快感、気だるさ、足の痛みなどに関連することもあります。また皮膚の浮腫、変色、潰瘍の発症にも関連している可能性があります。


静脈の健康に影響をもたらすものとは?


以下のような要因が乏しい静脈の健康または静脈瘤につながることがあります: 静脈壁またはその弁が遺伝的に弱い、低繊維が原因で排便時のいきみによって静脈内の過度な加圧が増加する、長時間立ったまま、または重いものを持ち上げる、炎症に起因する静脈または静脈弁の損傷、静脈壁の脆さなど。


静脈の健康のために必要な食事因子とは?


繊維を多く含む食事は、静脈瘤(痔)の治療および予防において最も重要な要素です。野菜、果物、豆類、穀類が豊富な食事は蠕動運動を促進します。多くの繊維成分は水を引き付け、糞を軟らかく大きく通りやすくなるよう保つゼラチン状の塊を形成します。食事であまり繊維を摂らない人は、便が小さく、硬く、なかなか通りにくいために、排便時により多くいきむ傾向にあります。それが腹部内の圧力を増加させ、脚までの血液の流れを妨げることがあります。増加した圧力は、時間とともに静脈壁を弱め、静脈瘤または痔の形成をもたらします。


フラボノイドを豊富に含むベリー類(サクランボ、ブルーベリー、ブラックベリーなど)は、静脈瘤の予防と治療に有益です。これらの果実は、静脈および脈管全体のサポート構造の生合成を向上せるフラボノイドを非常に豊富に含む供給源です。これらのベリー類のエキスは静脈瘤を含む様々な循環系の症状のための薬物療法としてヨーロッパで広く使用されています。ブドウ種子エキスと待つの外皮エキスは最も人気があり、おそらく最も効果的です。1日に推奨される推奨用量は1日150~300 mgです。


静脈の健康のために重要な栄養補助食品は?


基礎サプリメント。 ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。


エスシン(重要化合物)のために標準化されたトチノキ(ホースチェスナッツ)エキスは、不快感を与えることなく圧迫ストッキングのような効果をもたらします。例えばよく設計された研究では、トチノキ種子エキス vs 圧迫ストッキングにおける有効性を調べ、圧迫ストッキングとトチノキ種子エキスは体液貯蓄においてほぼ同一の現象をもたらしました。研究者はまた、エスシンがヴェノトニック作用を持つことを実証しました。ヴェノトニックは静脈壁における弾性繊維の収縮能力を高めることにより静脈の調子を改善する物質です。静脈壁の弛緩は静脈瘤の発達に大きく貢献しています。このヴェノトニック作用は、静脈の健康を促進する上でトチノキ種子エキスのポジティブな効果を生み出すための鍵となる因子であるのかもしれません。用量: エスシンの内容量に基づいて1日50 mg。


ブッチャーズブルームは、静脈の健康のサポートとして昔から使われています。ブッチャーズブルーム中の有効成分はルスコゲニンです。臨床研究では、ブッチャーズブルームエキスは静脈の健康を改善する上で有効であることが確認されました。用量: 9 ~11%のルスコゲニンを含むよう標準化されたエキス、100 mgを1日3回。


ブドウ種子エキスまたは松樹皮エキスは静脈の健康を促進します。用量: 1日150~300 mg。


プログラムの効果が出ているのかどうかを知るには?


小さな「クモ静脈」の外観には改善が見られても大きな静脈瘤にはおいてはあまり変化がありません。体液貯蓄(浮腫)、気だるさ、脚の疲労は時間の経過とともに改善されることがあります。

減量とは?


減量への答えであると主張する食事法やダイエット製品は文字通り何百種類と存在します。しかし減量のための基本的な方程式は常に同じです。個人が体重を減らす方法、それは【摂取するエネルギー < 消費するエネルギー】でなければならない、ということです。カロリー摂取量(食事)を減らす、またはカロリー燃焼量(運動)を増やす、またはその両方を行うことによって目標に達することができます。ほとんどの人は、1日のカロリーを1,500以下に減らし、15~20分間程度の有酸素運動を週に3~4回行うと体重が減り始めるでしょう。


体重増加の原因は?


体重増加は、多くの場合、ホルモンのインスリンへの抵抗に関連しています。腹部の脂肪細胞のサイズや数が増加するにつれ、インスリンの効果を減衰させる生物由来物質(レジスチン)を多く分泌し、骨格筋におけるグルコースの利用を損ない、肝臓によるグルコース(血糖)生産を促進します。また、注目すべきは、脂肪細胞の数とサイズが増大することで、インスリンの作用を促進する化合物の分泌の減少をもたらすことです。


減量に重要な食事要因とは?


食餌性炭水化物は、インスリンの感受性に対する効果を通して、いかなる減量プログラムにおいても中心的な役割を果たします。精糖、精白小麦粉製品、その他の単糖は、血流へと素早く吸収され、血糖値を急激に上昇させて血糖抑制にひどくストレスを与えるので、避けることが重要です。


食物繊維(特に水溶性のもの)の摂取を増やすことはとても重要です。水溶性繊維は炭水化物の消化吸収を遅くすることができるので、血糖の急激な上昇を防止します。これらの繊維はまた、インスリンに対する組織の感受性の向上と筋肉、肝臓、その他の組織によるグルコースの取り込みの向上にも関連があります。そのため、血糖の持続的な上昇を防止することができます。


水溶性食物繊維において特に優れた供給源は、マメ類、オートブラン、ナッツ類、種子類、梨、リンゴ、そして野菜全般です。十分な量の食物繊維を得るには大量の植物性食品が消費される必要があります。しかしサヤマメ、エンドウマメ、豆類などは比較的易しい摂取量で高い値の繊維が摂取できる供給源として優れています。


明確なインスリン抵抗性があり血糖コントロールが良好でない人には、PolyGlycopleXまたはPGX(後述)として知られる食物繊維サプリメントを摂ることをお勧めします。このユニークで特許取得済みの繊維基質は最大の粘着度合とゲル形成特性を発揮し、インスリンの感受性を高めAMPkを活性化させる上で他の繊維より何倍もの効果があります。


肥満に対して摂取すべき栄養補助食品は?


基礎サプリメント。ハイポテンシーマルチプル; ビタミンD3 1日2,000~5,000 IU; フィッシュオイル、EPA+DHA 1日1,000~3,000 mg。特に重要なのは十分な値のクロムを摂ること(1日200~400 mcg)


PolyGlycoplex (PGX®) は、豊富な前臨床試験および臨床トライアルを伴って15年以上かけた研究開発がバックアップする革命的な食物繊維基質です。PGXは100%天然で中毒性はなく、深刻な副作用もないため安全に消費できます。詳細な臨床試験では、PGXが以下のような利点を発揮することを示しました:


  • 食欲を低下させ効果的な減量を促進
  • 血糖コントロールの安定化
  • インスリン感受性の向上
  • 食品、飲料、食事による血糖インデックスを35~50%低減
  • 血中コレステロールおよびトリグリセリドを減少

PGXは顆粒、カプセル、食事代替または満腹を得るためのドリンクミックスの一部として、など様々な形状で利用可能です。用量: 食前に2.5~5 g


桑の葉(マルベリー) エキスは、血糖コントロールの改善して減量を促進するのに役立つ能力を示しています。用量: 1日あたり、一般的に乾燥桑の葉3,000 mg 相当量。10:1の濃縮エキスの用量は、100 mgを食前に1日3回。PGXと一緒に摂ることもできます。


グリーンコーヒーエキス は、グルコース代謝を改善し、脂肪の蓄積を抑制し、さらに腸のグルコースの吸収を低減させることが明らかになっているクロロゲン酸を豊富に含みます。この健康促進化合物を意義ある量含んでいるのは生のグリーンコーヒー豆だけです。用量: 400 mg を1日3回


5-Hydroxytryptophan (5-HTP) は脳内でセロトニンへと変換されます。セロトニンのレベルが低くなると、食欲、特に糖への欲求が誘発されます。4シリーズから成る肥満女性における臨床研究では、5-HTPが効果的な減量補助成分であったことが示されています。用量: 食事の20分間に50~100 mg


カテキン(ポリフェノールフラボノイド) のために濃縮された緑茶エキスは、代謝率を安全に向上させ減量を促します。しかしこれらの化合物は、しばしばヒトの体に効果的に吸収されるのが困難です。Green Tea Phytosome®は、他の緑茶製品よりも3~5倍吸収されやすいホスファチジルコリンと複合させた、高質なノンカフェインの緑茶エキスを提供します。用量: 150 mg を1日2回


アドバイスの効果が出ているかどうかを知るには?


体重計に乗って見えるのは身体の総重量であり、筋肉や身体組成と体脂肪との関係性ではありません。太り過ぎは心臓発作や脳卒中、2型糖尿病における危険因子ではありますが、危機的な危険因子ではありません。正しくは、これらの疾患に関連付けられるのは増えてしまった体重ではなく、増えすぎた体脂肪なのです。より正確に身体組成を測定するためには、体脂肪率を測定できる体重計を使用することをお勧めします。理想的には、自分の体脂肪率を女性は25%未満、男性は20%未満に維持する努力をすることが重要です。