JA
JPY
カートは空っぽです
お気に入りの商品をカートに入れてください。
ショッピングを続ける
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:

iHerb ブログ

胸部に塗って冬の季節に抵抗力をアップ
胸部に塗って冬の季節に抵抗力をアップ

レモンティーツリーの塗り薬で今年の冬に免疫力をアップさせましょう。

年末年始の行事と冬の季節のせいで疲れが出て、風邪をひきやすい状態になっているかもしれません。ユーカリは免疫機能を勢いよくアップさせることで知られています。また、消毒・殺菌作用もあります。

レモンティーツリーオイルは健康を促進させるもので、爽やかな香りは、体や免疫機能を活発にさせます。いくつかの材料と混ぜると、冬に必要な免疫力を高められる便利な胸部用の塗り薬ができます。

ねじキャップが付いた琥珀色のボトルを用意し、スイートアーモンドオイル1.5オンス(約42グラム)とオーガニックのひまし油0.5オンス(約14グラム)入れます。そして、ペパーミントオイルを3滴、ユーカリオイルを9滴、レモンティーツリーのエッセンシャルオイルを12滴入れます。

キャップをしっかり締めてから、ボトルをやさしく振ってオイルを混ぜます。風邪のひき始めかもしれないと感じた時、就寝時やシャワーの後に胸部に塗ってください。咳や鼻の詰まりの症状が和らぎます。また、日頃の免疫機能アップのために使うこともできます。

iHerbには様々な種類の胸部用塗り薬があるのでサイトをぜひチェックしてください。

参考:

Jacobs, K.; A Lemon Tea Tree Oil + Eucalyptus Chest Rub to Boost Winter Immunity; Mind Body Green Website; Accessed 12/20/2016

 

更に読む »

免疫機能の低下
免疫機能の低下

なぜ免疫機能は低下するのでしょうか?

免疫機能の低下とは、免疫システムが鈍くなったり、異常を表します。免疫システムの主な働きは体を感染から守り、がんを予防することです。免疫システムの改善は、病気への抵抗力を高め、風邪、インフルエンザ、がんを防ぐための最も大切なステップです。免疫システムの改善には健康を促進するライフスタイル、ストレス管理、運動、食事、栄養補助食品、植物療法が関わっています。

以下の質問に一つでも「はい」とお答えの場合は、免疫システムを改善させる必要があります。

  • 風邪をひきやすいですか?
  • 1年間に2回以上風邪をひきますか?
  • 慢性感染症に悩まされていますか?
  • よく寒さによる痛みを感じたり、性器ヘルペスにかかりますか?
  • リンパ腺に痛みを感じたり、腫れることがありますか?
  • 現在がんを患っている、または過去に患ったことがありますか?

反復または同時感染は、たとえ小さな症状であったとしても免疫システムの低下によって生じます。そうなると免疫システムの低下が感染を引き起こす、その感染によって免疫システムが低下するなど、克服するのが難しいサイクルに陥り、さらには抵抗力が弱まります。免疫システムを強化することで、このサイクルから抜け出せるようにします。

免疫機能が低下する原因は?

免疫システムの正しい作用は、人間の感情の状態、ストレス度、ライフスタイル、食習慣、栄養状態に大きく影響されます。免疫システムが低下する一番の原因は栄養不足です。たとえ一つの栄養素が欠乏していたとしても、免疫システムの低下に繋がることが数多くの臨床・実験研究によって証明されています。

免疫機能の低下に大切な栄養素は?

免疫機能が正しく作用するには、(1) 果物、野菜、穀物、豆、種、ナッツなどの自然食品が豊富、(2) 脂肪・砂糖が少ない、および(3) 過剰ではなく適度のたんぱく質を含む、健康的な食べ物が必要です。これらに加えて8オンスの水を5、6杯(できれば純水)、強力なマルチビタミン・マルチミネラルサプリメント、定期的に最低30分の有酸素運動と毎日5~10分のストレッチ運動、毎日の深呼吸とストレス解消運動、家族や友達との時間、毎日6~8時間の睡眠が必要です。

免疫システムにダメージを与える食物の一つに砂糖があります。ある研究によりますと、ブドウ糖、果糖、ショ糖、ハチミツ、低温殺菌オレンジジュースの糖にあたる部分を100g(およそ3.5オンス)を摂取しただけで、全てが白血球(好中球)が細菌を貪食して破壊する能力を大幅に低下させました。一方、100gのデンプンの摂取では何も影響はありませんでした。こういった影響は摂取してから30分以内に現れ始め、5時間以上持続しました。特に好中球活性は、摂取してから2時間後には少なくとも半減しました。好中球は循環する全白血球の60~70%を構成するので、その活性の障害が免疫機能の低下に繋がります。

免疫システムを強化する重要な成分にカロテンがあります。カロテン(およびその他の抗酸化物質)は、胸腺をダメージから守ることで免疫力を高めます。胸腺は、免疫機能の中で最も重要な器官です。ピンク色がかかった灰色の二つの柔らかい葉で、甲状腺の真下および心臓の真上にビブのように横たわっています。人間が生まれた直後に最大限の大きさとなり、成長するに従って小さくなっていき、退縮します。退縮する理由は、ストレス、薬物、放射線、感染、慢性疾患によって生じたフリーラジカルや酸化によるダメージをとても受けやすいからです。胸腺は、ダメージを受けると免疫システムを調整する作用が著しく損なわれます。

胸腺は、白血球の一種であるTリンパ球の生成など、免疫システムの働きにおいてたくさんの役割を果たします。また、サイモシン、サイモポエチン、血清胸腺因子など、免疫機能を調節する様々なホルモンを分泌します。これらのホルモンが少ない場合は、免疫力の低下や感染しやすさと関わります。通常、胸腺ホルモンは年配者、感染しやすい方、がんやAIDS患者、過度なストレスを抱える方でとても低い数値となっています。カロテンやその他の抗酸化物質は、フリーラジカルや酸化促進剤によるダメージを防ぎ、胸腺が最適に作用するよう補助する場合があります。

カロテンは、胸腺の保護以外にも各種白血球の作用を強化、およびインターフェロンなど免疫システムのメディエーターにおいて、抗ウイルス特性や抗がん特性を高めます。端的に言えば、カロテンが豊富な食べ物や飲み物は免疫力を高めると捉えられています。

カロテンの多い食べ物には緑黄色野菜、黄色やオレンジ色のかぼちゃ、ニンジン、ヤム、サツマイモ、赤ピーマン、トマトがあります。がん予防などの免疫機能は、アブラナ科(ブロッコリー、芽キャベツ、キャベツ、カリフラワー、コラード、ケール...

更に読む »

適度なジョギング量は?
適度なジョギング量は?

運動不足が、心血管疾患(CVD)や早期死亡の大きな要因であることは言うまでもありません。とは言え、新しい研究では全く正反対の行動で、ランニングをしすぎたとしても同じ結果を招くことが示されています。もう聞き慣れているかもしれませんが、結論に「至る」までには様々なストーリーがあります。

バックグラウンドデータ

定期的な運動はCVDを予防するだけでなく、高血圧、血中脂質、インスリン抵抗性、肥満など、CVDを引き起こす要因を良い方向へと変化させます。運動は、CVD患者または高血圧、狭心症、過去に心臓発作を起こしたことがある方の再発、末梢血管疾患、心不全の危険性が高まっている患者や、心血管イベントから回復中の患者の治療や管理にも重要な役割を果たします。

運動はメリットをもたらすにも関わらず、過去には走る回数が多すぎたり、距離が長すぎることで亡くなられた方が報告されています。中でも伝令兵のフィリッピデスが、紀元前490年のマラトンの戦いでアテネ軍がペルシア軍に勝利したことを伝えるため、マラトンからギリシア・アテネまでのおよそ25マイルを走ったケースは最も有名な話です。彼はアテナイのアゴラに到着した際に「ニーケー(勝利)!」と叫び、その場で倒れて息を引き取りました。

コペンハーゲン・シティ・ハート・スタディは、運動やジョギングが心臓の健康にもたらす効果において、とてもよく知られている研究の一つです。この研究では、ランダムに選ばれた1,878人のジョギング愛好家を最大35年間記録し、ジョギングをしない16,827人の方と比較した際、前者の方が男性では6.2年、女性では5.6年長く生きることが判明しました。また、この特定の解析手法を用いた研究では、ゆっくりまたは平均ペースのジョギングを1週間で3回以下、時間にして最大2.5時間行った場合に最も低い死亡率が示されました。その一方で、速いペースのジョギングを時間にして1週間で4時間以上、および3回以上行った方は、あまりストレスにはならないジョギングがもたらす長寿のメリットが得られなかったと思われます。研究者はこれらの結果を全く予期しておらず、他の研究でも運動のしすぎはほとんど運動をしない方と同じくらいにデメリットとなることが判明しています。

新しいデータ

研究者は、長生きに理想なジョギング量を把握するため、コペンハーゲン・シティ・ハート・スタディで2001年から記録し続けている1,098人の健康的なジョギング愛好家と、3,950人のジョギングをしない健康な方による別のデータを分析しました。この研究の目的は、ジョギングのペース、回数、頻度が与える効果に焦点を置き、ジョギングと長期死亡率・全死因死亡率の関連性を調べることでした。.

この研究でジョギング愛好家は、軽い、普通、激しいに分類されました。ここでの「軽い」とは、ゆっくりまたは平均ペース(1時間におよそ5マイル)で1週間に3回以下、時間にして2.5間未満を指します。「普通」とは、(1) ゆっくりまたは平均ペースで1週間に3回以下、時間にして2.5時間以上、(2) 速いペースで1週間に3回以下、時間にして4時間以下、(3) ゆっくりまたは平均ペースで1週間に4回以上、または(4) 速いペースで1週間に4回以上、時間にして2.5時間未満を指します。「激しい」とは、速いペース(1時間に7マイル以上)で1週間に4回以上と、時間にして4時間を超えるまたは2.5時間以上のいずれかを指します。

ここから得られた結果を運動・ジョギングをしない方と比較した際、1週間に1~2.4時間のジョギングを行った方で最も低い死亡率(リスクが71%低下)が見つかりました。最も理想的なジョギング回数は1週間に2~3回(リスクが68%低下)、または1回以下(リスクが71%低下)、そして最も理想的なペースはゆっくり(リスクが49%低下)または平均(リスクが62%低下)でした。

最も死亡率の低下が見られたのは「軽い」(78%)、次は「普通」(34%)に分類された方でした。「激しい」に分類された方と運動をしない方の死亡率は、統計的に大きな違いはありませんでした。

コメント

とても積極的に運動を行い、普段の運動には価値があると考えている方は、この研究結果が日頃の習慣に反すると思うかもしれません。ただし、これらのような研究の多くでも見られるように、この話にはまだまだ続きがあります。実際、私達は健康を促進する運動の価値をどれくらい把握しているのでしょうか?この研究からもお分かりの通り、定期的な運動には大きな価値がありますが、その一方で、運動のしすぎは逆にデメリットとなる場合があります。

より激しい運動、および運動回数の多さは、心肺機能の改善や体脂肪率の低下、他にも特に腹部脂肪の低下、血糖値のコレストロール値の改善など、...

更に読む »

脳力
脳力

記憶障害やアルツハイマー病から脳を守る方法

人間は年を重なるにつれて、記憶障害や脳力の低下を防ぐことはできないのでしょうか?現在40歳以上の人々は、これについては何もできないと教わってきましたが、実際そのようなことはありません。記憶障害を防ぐだけでなく、逆に回復させるための手段があるのです。無論、年を重なることで引き起こされる問題は記憶に限られるものではなく、うつ病、特定の薬による問題、脳卒中、頭部外傷、アルコール依存症、そして認知症(アルツハイマー病(AD)のように重度な記憶・思考障害)が掲げられます。

知性を育み脳の働きを活性化

ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質が豊富な食物には、年齢と共に引き起こされる記憶障害や、その他の退行性脳障害 を予防することが数多く実証されています。トランス脂肪酸、揚げ物、燻製・加工された肉、ジャンクフードを避けつつ緑黄色野菜、ニンジン、ヤマイモ、カボチャなどの有色野菜、ミカン、ブドウ、サクランボなどのフラボノイド豊富な果物を摂ることがとても大切です。数多くの研究で脳の機能は、栄養状態と直接的な繋がりがあると示されています。高齢者で栄養不足が目立つ傾向を考慮すると、これが原因で精神機能障害を引き起こす可能性が高いものとして捉えられています。

脳を守る栄養補助食品

健康的な食事を摂る以外にも、強力なマルチビタミンマルチミネラル、良質の魚油から摂取された合計1,000mgのエイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)、50歳以上で精神機能低下の兆しがある方はピロロキノリンキノン(PQQ)(pyrroloquinoline quinone)、ホスファチジルセリン(phosphatidylserine)、クルクミン(curcumin)を含むコエンザイムQ10(coenzyme Q10)がおすすめです。脳を守る、これらの重要なサプリメントの詳細は以下の通りです。

  • コエンザイムQ10(CoQ10)。体内ではある程度のCoQ10が生成されますが、特にコレストロール値や血圧が高い、またはコレストロール値を低下させる薬を摂取する心臓病患者においては、サプリメントの摂取によって大きなメリットが得られると、数々の研究によって見つかっています。最近の研究では、退行性脳障害患者はミトコンドリア内のCoQ10値が著しく低下している方々と示されています。1日の摂取基準量は、ぬか油をベースにしたCoQ10をソフトジェルカプセルで1日100~200mg摂ることです。記憶力の改善においては、CoQ10とPQQを同時に摂ることでさらに良い結果が得られています。これはCoQ10との相乗効果を引き出すことで、ミトコンドリアの作用を促進します。CoQ10同様、PQQは脳細胞の損傷を防ぎます。動物・人体研究では記憶力の回復が示され、抗酸化活性度はビタミンCよりもおよそ5千倍の効果があります。1日の摂取基準量は20mgです。
  • ホスファチジルセリン(PS)。アルツハイマー病、パーキンソン病(PD)または精神機能障害を患う患者にとって重要な成分です。高齢者の脳内でのホスファチジルセリンの低下は、精神機能障害やうつ病と関連性があります。数々の二重盲検試験で退行性脳障害患者は、ホスファチジルセリンによって機能障害、気分および行動で改善が見られています。推奨される1日の摂取基準量は100mg x 3回です。
  • クルクミン。ウコンの黄色い色素でアルツハイマー病を防止するだけなく回復させる可能性があるなど、脳を守るよう絶大な効果が現れています。世界中のアルツハイマー病の発症率では、ウコンを大量に摂取するインドの地方住民が一番低いことが示されており、実にアメリカ人よりも4.4倍低い数字です。研究者は、マウス実験でクルクミンがアルツハイマー病による脳障害を予防し、実際には脳細胞損害から回復する可能性があることを実証しています。クルクミンは食物から満遍なく摂取できますが、年齢に伴う記憶障害やアルツハイマー病などのもっと深刻な症状では、クルクミンエキスの摂取がより大切とされています。
更に読む »

マルチビタミン・マルチミネラルフォーミュラ
マルチビタミン・マルチミネラルフォーミュラ

マルチビタミンマルチミネラルサプリメントに求めるもの

ここ数年でより多くのアメリカ人が、これまでにないほど栄養補助食品やハーブサプリメントのメリットを見つけることができました。残念ながら、食べ物のみで最適な健康状態を保つために必要とされる、本質的な栄養素を補うことができるという神話を耳にしますが、最も有名なマルチビタミン・マルチミネラルフォーミュラのサプリメントを1日に1回摂るだけでは、理想とされる重要な栄養素を取り入れることはできません。たった1錠で全ての本質的な栄養素を補給できればよいのですが、これは不可能です。

なぜ強力なマルチビタミン・マルチミネラルフォーミュラのサプリメントを摂るのでしょうか?

健康を促進する食べ物を摂ることは健康をもたらすための本質的な要素ですが、適切な栄養サプリメントを摂ることも大切です。一部の専門家は、理論的に食べ物のみで栄養に関するニーズを満たせると言いますが、実際ほとんどのアメリカ人はニーズを満たしていません。近年、アメリカ政府は国民の栄養状態を知るため、数多くの包括的な研究(HANES I、II、III、Ten State Nutrition Survey、USDAによる全国的な食料消費調査など)を支援してきました。これらの研究によりますと、大半の国民(およそ半分)が大幅な栄養不足に陥っていると判明し、特定の年代における一部の栄養素によっては、1日当たりの推奨摂取量の80%にも満たない点が示されています。

これらの研究から、全ての栄養素において、ほとんどのアメリカ人が1日当たりの推奨摂取量(RDA)を満たしていないことが示されています。言い換えれば、健康な方は理論的に全ての栄養素を食べ物から取り入れることが可能ではあるものの、実際ほとんどのアメリカ人は、食べ物だけで全ての栄養素を取り入れるまでにはほど遠い状況に置かれていることが分かります。本質的な栄養素を補給する取り組みとして、多くのアメリカ人はビタミンやミネラルが含まれるサプリメントを求めています。現在は推定で70%のアメリカ人が、普段からビタミンまたはミネラルサプリメントを摂り入れているとされています。

ほとんどのアメリカ人にとって、ビタミンやミネラルサプリメントは生活の一部に欠かせないものになっています。サプリメント服用者の67%の方々が1錠のみを摂りますが、大半の方々(46%)がマルチビタミン・ミネラル製品を摂っています。ただ、残念なことにマルチビタミン・ミネラル製品を摂る大半の方は、「1日に1回」の複合サプリメントを摂るだけで最適な栄養素を取り入れることができると思い込んでいるため、本当に必要なものを満たしているわけではありません。

ミネラルは大切でしょうか?

もちろんです。体内のビタミン・ミネラルの主な機能は、酵素・補酵素内の本質的な要素を中心として作用しています。酵素とは、体が作用するために必要な化学反応を促進させる分子で、補酵素とは、酵素による化学反応を補助する分子です。酵素と補酵素は、化学結合または化学分解することで、一緒になってまたは別々に作用します。栄養医学には、酵素によって特定の組織が最適に作用するよう必要な補助を行う、または栄養を補給するという、重要なコンセプトがあります。

大半の酵素は、たんぱく質や本質的なミネラル、そしておそらくはビタミンによって構成されています。酵素は、本質的なミネラルまたはビタミンが欠けていると正しく作用せず、食べ物や栄養素を通じて必要とされるミネラルを取り入れることで、重要な機能が働きます。例えば亜鉛は、視覚情報処理を行う過程において、ビタミンAの活性化に必要とされる成分です。酵素に亜鉛がないと、ビタミンAは活性体に変換しません。よってこのような場合には、夜盲症を引き起こす可能性があります。酵素に亜鉛を供給することで、酵素の重要な機能が働きます。

必要なものを補給している証は?

最良の健康を手に入れるには、良質のマルチビタミン・ミネラルサプリメントが必要不可欠です。良質の複合サプリメントを摂ってこそ、最適なビタミン値・ミネラル値を保てます。健康な体を手に入れるには、重要な成分が必要です。以下の用量は、良質の複合サプリメントを選ぶ際に目安となる摂取量です。(各種ビタミン・ミネラルは単位が異なる点に注意してください。IUは国際単位、mgはミリグラム、mcgはマイクログラムを指します。)
大人のビタミン摂取量
ビタミンA(レチノール):2,500~5,000IU
ビタミンA(β-カロテン):5,000~25,000IU
ビタミンB1(チアミン):10~100mg
ビタミンB2(リボフラビン):10~50mg
ビタミンB3(ナイアシン):10~100mg
ビタミンB5(パントテン酸):25~100mg
...

更に読む »

商品 1 - 5 の合計 34

« 前の | 1 2 3 4 5 | 次のページ »